加齢黄斑変性の原因となる要素はこれ!タバコは特に危険!?

網膜の中核である黄斑が傷つくことで

視力低下が起こる、「加齢黄斑変性」

根本的な原因は未だ分かっていませんが

加齢黄斑変性発症のリスクを高める

要素はいくつかあり、その原因となる

要素を取り除くことができれば

発症のリスクを抑えることは可能です。

今回は、この加齢黄斑変性の

発症に繋がると言われている

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

加齢黄斑変性の原因となる要素

加齢によるもの(50歳以上)

rouygankarei

加齢黄斑変性は、その名の通りに

まず加齢が原因となります。

加齢黄斑変性を発症する可能性が

高まる年齢は、50歳以上と

言われており、年齢が高いほど

その発症する確立も高まります。

50歳の人の0.5%ほどが発症し、

80歳になると全体の1%の人が

発症すると言われています。

また、加齢黄斑変性は

男性に多い傾向があり、その理由は

次の喫煙が関係しています。

タバコ・喫煙

tabakokituen

加齢黄斑変性を

引き起こす大きな原因として

喫煙が深く関わっています。

タバコを吸う人は吸わない人に比べて

加齢黄斑変性になるリスクが

3~4倍になるという報告もあり

タバコとの関連性は強いです。

タバコに含まれるニコチンは

血管を収縮させる効果があるので

血流の流れが悪くなり、栄養や

老廃物の運搬といった血液循環に

異常を来します。

そのため、目が疲れやすくなり

病気になるリスクも高まるのです。

日本で、加齢黄斑変性を発症する人が

男性に多いのは、喫煙者の割合と

関係しているからであり、喫煙と

加齢黄斑変性は深い関係にあることが

解明されています。

スポンサーリンク

太陽光やスマホ等の光刺激

sumahopasokon

太陽の光は強い青色光があり

その光が目の網膜を傷つけ、

加齢黄斑変性を引き起こすとも

言われています。

もともと、加齢黄斑変性は

欧米人に多い病気であり、それは瞳の

色素が薄く、光刺激を受けやすい

体質だったからです。

しかし、日本人でも加齢黄斑変性を

発症する理由として、太陽光以外にも

パソコンやテレビ、スマホ等からの

刺激を受ける機会が増えたことが

関係しています。

よくブルーライトと言われるように

太陽光以外にも負担の大きい刺激が

増えました。

そのため、長時間のディスプレイを

見ることも加齢黄斑変性のリスクを

高める原因と言えます。

栄養の偏り・栄養不足

yasaibitamin

目も栄養不足になれば機能が低下し

病気のリスクが高まります。

加齢黄斑変性を防ぐために

必要と言われる栄養素は主に

  • 亜鉛
  • ルテイン
  • ビタミン等

の3つと言われています。

魚や野菜、果物からバランスよく

栄養を補給することも

加齢黄斑変性を防ぐ上では

重要な要素となります。

まとめ:発症の要因となるものは多い!

このように加齢黄斑変性を引き起こす

要因となる原因はいくつかあります。

特に、喫煙は加齢黄斑変性のリスクを

大きく高める危険な要素なので、

喫煙している方は、できる限り

早い段階で禁煙を目指したいです。

禁煙するために必要なことはこれ!

加齢だけは避けることができない

要素ですが、それ以外の要因は

意識すれば十分に予防することは

可能なので、該当する項目がある方は

早めに改善して加齢黄斑変性を

防ぎましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加