【今すぐ役立つ!】風邪を早くに治す5つの方法はこれだ!

皆さんは日頃、つい無理をしてしまい

風邪を引いてしまった経験は

ないでしょうか。

大事な時に限ってやってくる

ことの多い風邪ですが、少しでも

早くに治したいものですよね。

すぐに病院に行くことができれば

良いですが、現実的にそう上手くは

行かないこともあるでしょう。

今回は、そんな時でも風邪を早く

かつ確実に治すための5つの

方法について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 風邪を早くに治す方法

① やたらに解熱剤を使わない

genetuzaikusuri (1)

【熱だけでなく頭痛も辛い!】風邪による頭痛の治し方とは?

以前書いた、こちらの記事でも

少し触れましたが、風邪は本来

薬に頼らなくても体の免疫力で

自然に治すことができる病気です。

(インフルエンザの場合は別ですが。)

特に、体温が上がり熱が出るのは

あくまでも体内に侵入したウイルスや

細菌を撃退するための免疫反応であり

悪いことではないです。

そのために、解熱剤によって

無理やり熱を抑え込んでしまうと

返って風邪が長引いてしまいます。

また、解熱剤には風邪を治す効果は

含まれていないことが多く

あくまでも、その場しのぎ的な

薬と思っていた方が良いでしょう。

逆に、解熱剤を使うべき状況は

  • 38度以上の高熱で辛い場合
  • どうしても今すぐ休めない場合
  • 病院へ行く前

といった状況で使うのが望ましいです。

また、解熱剤を使う際は薬の注意書きを

必ずよく読み、用法用量を守って

使うようにしましょう。

(特にお子さんに使う場合は大人とは

使用する用量が違うことが殆どなので

十分に気をつけましょう。)

② 極力寝て、安静にしている

kounetu

風邪を引いているときは体力を大きく

消耗しているので極力活動は控えて

安静にすることが重要です。

寝ることは風邪を早くに治すには

最も重要なことでもあります。

また、寝ている時に冷えやすい

手首や足首、首の周りもしっかり温めて

寝るとさらに効果があります。

ただ、やたらに汗をかいてしまうのは

逆に体を冷やしてしまう恐れがあるので

暑すぎない程度に調節しましょう。

③ 汗をしっかりと拭き取る

熱が出ている時にずっと寝ていると

次第に汗をかいてしまい、服が

濡れてしまうことがあります。

服が濡れたままだと熱が奪われて

逆に体が冷えてしまうので

ときどき汗を拭くようにしましょう。

また、下着も汗でびっしょりに

なってしまうので、ある程度

汗をかいたら服も取り替えて

体を冷やさないようにしましょう。

スポンサーリンク

④ しっかり水分と栄養を補給する

kankituruijyusu

風邪になると体はウイルスを

排除するためにエネルギーを

大量に消費します。

特に、殺菌作用のあるビタミン

風邪に非常に効果的です。

みかんやグレープフルーツなどの

かんきつ類に多く含まれているので

風邪をひいている時には積極的に

食べると良いです。

また、熱が出ると汗も大量に出るので

水分も失われていきます。

寝ていると思っている以上に

汗をかいてしまうので、脱水症状に

ならないよう、こまめに水分も

補給しましょう。

【薬に頼らず治す!】風邪に効く7つの食べ物・飲み物はこれだ!

詳細はこちらにまとめましたので

参考にして頂ければと思います。

ただ、食欲がないときに無理に

食べると嘔吐や下痢を伴うことも

あるので十分注意しましょう。

⑤ うがいをこまめに行う

風邪のウイルスはのどに

くっついているので、うがいをして

ウイルスを洗い流せば症状が

悪化するのを防いでくれます。

ただ、うがいだけでは完全に

ウイルスを洗い流すことは難しいので

そう何度もうがいする必要はないです。

トイレなどで布団から出た時に

ついでに行う感じで十分です。

うがい薬があるなら一緒に

使いましょう。

■ まとめ

このように風邪はやたらに薬に頼らず

体の免疫反応をサポートするように

対策したほうが結果的に早く

かつ確実に治すことができます、

本当は病院へ行くのが望ましいですが

どうしてもすぐに行けない場合には

  1. 解熱剤の使用は必要最小限に
  2. とにかく寝て安静にしている
  3. 汗をしっかり拭き取る
  4. 水分と栄養をしっかり補給する
  5. うがいもこまめにする

の5つを心がけましょう。

無理せずにしっかりと休んで

早くに風邪を治しましょう。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加