【風邪の前兆かも】風邪の初期症状とは?インフルとは若干違う?

なんだか体の調子が悪い・・・。

もしかして風邪かも・・・。

風邪になる前は必ずと言って

良いほど、その前触れがあります。

早めに風邪の前兆に気が付くことが

できれば、風邪を予防したり

症状の悪化を防ぐことができます。

また、風邪と似ている

インフルエンザも怖いですよね。

風邪と勘違いして症状が悪化するような

ことは避けたいところです。

今回は、風邪の前兆の症状や

インフルエンザの前兆との

違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

■ 風邪の前兆の症状はこれ!

人によっても個人差がありますが

一般的には以下のような症状が

見られると言われています。

■ 透明で粘ついた鼻水がでる

鼻水は、外部からのウイルスや

細菌から身を守るためにでる

防御反応です。

透明でサラサラした鼻水の場合は

空気が悪い状態にあると一時的に

発生する鼻水です。

ただ、風邪の前兆の場合は

この透明な鼻水がネバネバしたような

粘り気のある鼻水になり、若干色も

白っぽくなることがあります。

また、粘り気があるので鼻水が詰まって

鼻詰まりの症状がでるのも特徴です。

【風邪のサイン!】黄色の鼻水と白い鼻水の違いやその特徴とは?

鼻水の詳細についてはこちらで

詳しく解説しております。

■ くしゃみが出る

くしゃみも風邪の前兆の

手がかりとなります。

単純に寒くてくしゃみが出ることは

ありますが、風邪をひくと

特に寒いわけではないのに

くしゃみが出ることがあります。

くしゃみと同時に

粘着く鼻水も同時に出る場合は

風邪をひく、直前とも言えるので

十分注意しましょう。

スポンサーリンク

■ のどに違和感が生じる

のどの違和感も風邪の前兆として

よくあると言われています。

のどが炎症を起こして

痛かったり、声がだしずらい、

食事が辛くなるといった症状が出ます。

個人差も大きいですが

のどがイガイガしたり、乾燥した

感じがする場合もあります。

特に、口呼吸するクセがあると

乾燥した空気やウイルスが

直接のどに入ってくるので

風邪をひきやすくなります。

kutitep

寝ている時に口呼吸してしまう

クセがある場合には

口止めテープを使うと効果的です。

■ インフルエンザとの違い

インフルエンザは風邪と違って

症状が急に現れます。

主に、突然38度以上の

高熱が出るケースが多いです。

そのため、インフルエンザは

前兆が全く出ないこともあります。

私もインフルエンザになったことが

ありますが、前兆は全く感じられず

夜はいつも通りに寝て、朝起きたら

突然高熱が出ていました。

ただ、インフルエンザの場合は

熱以外にも全身に寒気がしたり

筋肉痛やだるい症状が現れます。

ちょっと風邪とは違う感じがしたら

早めに病院で検査を受けましょう。

インフルエンザの場合は早期治療が

非常に重要です。

【風邪よりもつらい】インフルエンザとは?風邪とは何が違う?

詳細はこちらを参考に。

■ まとめ:前兆が出たら無理せず休養を

このように風邪をひく前には

前触れを伴うことがあります。

いったん、風邪をひいてしまうと

熱や咳などによって長い間

辛い思いすることになります。

風邪の前兆が出た場合には

無理をせず、早めに体を休めて

風邪を防ぎましょう。

基本は寝るのが一番ですが

【薬に頼らず治す!】風邪に効く7つの食べ物・飲み物はこれだ!

こちらの風邪に効果的な食べ物や

飲み物を摂取することでも

風邪予防に繋がります!

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加