熱や咳、鼻水などのあらゆる症状が

出て日常生活に支障をきたす風邪。

 

すぐに病院へ行ければ良いのですが

忙しくて時間がなかったり

風邪を引く時に限って病院が

休診日だったりすることも

あるでしょう。

 

そんな時でも薬に頼らずに

食事で風邪を治すことはできます。

 

今回は、この風邪に効果的な

食べ物や飲み物について

解説していきます。

スポンサーリンク

■ 風邪の治療に必要な栄養素とは

風邪を引いているときは体は

多くのエネルギーを消費して

ウイルスに対抗しようとします。

 

風邪に効果的な栄養素は

  • タンパク質
  • ビタミンC
  • 炭水化物
  • 糖質

の4つと言われています。

 

特に、抗菌作用のあるビタミン

風邪を引くと大きく失われるので

積極的に摂取したい栄養素です。

 

また、体を温める効果のある

食品も非常に効果的です。

 

ただし、食欲がないときに

無理に食べるのは下痢や嘔吐を

引き起こす原因になるので

そのような場合は無理せず

水分補給を積極的に行いましょう。

 

■ 風邪に効果的な食べ物・飲み物

① ネギ・ニラ・玉ねぎ・にんにく

negininik

ネギや玉ねぎは、風邪に効く食べ物の

代表例ですが、体内の新陳代謝を

高めて体を温める効果があります。

(陰ながらニラやにんにくも同様の

効果が期待できます。)

 

また、強い殺菌効果を持つのも

大きな特徴です。

 

私自身も子供の頃、風邪をひいたときは

祖父母からこれでもかってぐらいの

ネギを食べさせられました。笑

 

匂いや味が独特なので

(特にニラとにんにくは)人によっては

嫌いという方もいると思いますが

風邪に効くので非常にオススメです。

 

② レバー

レバーには風邪によって消費される

タンパク質やビタミン、ミネラルが

多く含まれているため栄養補給には

非常に効果的な食品です。

 

また、傷ついた粘膜を修復する

βカロテンも多く含んでいます。

 

ちなみに、私自身はレバーの

パサパサ感がかなり苦手なのですが

栄養価が高い食品と言われているので

多少なりとも我慢して

食べるようにしています。

スポンサーリンク

③ 生姜

syouga

しょうがには強い抗菌作用に

体を温める効果があり

風邪にも高い効果が期待できます。

 

しょうがをそのまま食べるのは

なかなか難しいですが、生姜を

すりおろしてお湯で溶かした

生姜湯にすると良いでしょう。

 

④ じゃがいも

じゃがいもにはビタミンCが

多く含まれており、ウイルスの

活動を抑制する効果があります。

 

また、じゃがいもは加熱しても

ビタミンCが減りづらい食品なので

暖かい料理にも使っていける

優秀な食材です。

 

⑤ たまご

tamagoegg

たまごには風邪によって傷ついた

粘膜を保護・修復させる効果があり

タンパク質も多く含まれています。

 

レバーと同様に高い栄養価を持つ

食品の1つなので、卵アレルギーを

持っていない方は積極的に

取り入れていきたいです。

 

⑥ かんきつ類や緑黄色野菜

kankiturui

一括りしてしまいましたが

かんきつ類や緑黄色野菜は非常に多くの

ビタミンが含まれています。

 

加熱してしまうとビタミンが

失われることがありますが

生で食べられるかんきつ類は

特にオススメです。

 

また、かんきつ類には水分も

多く含まれているので、脱水症状も

防ぐことができます。

 

⑦ スポーツドリンク

もはや説明しなくても皆さん

既知のことかと思いますが

ポカリスエットやアクエリアスなどの

スポーツドリンクは水分補給には

非常に効果的です。

 

特に風邪で熱が出ている場合には

水分が大きく失われるので

水分補給は欠かせません。

 

風邪の引き初めに飲んでも

症状を和らげたり、早期治療に

繋がるので積極的に水分も

補給するようにしましょう。

 

ただ、飲み過ぎると虫歯になったり

糖分の取り過ぎにもなるので

たくさん飲むような場合には

水で少し薄めると良いです。

 

■ まとめ

このように食べ物や飲み物から

栄養素を補給することも風邪を

治すためには非常に重要です。

 

馴染みのある食品ばかりなので

風邪を引いた時や

風邪の引き始めの時には

ぜひともこれらの食品を積極的に

取り入れることをオススメします。

 

薬に頼らずに食事から風邪を

予防しましょう!

ただ、無理をせず体をしっかりと

休めることも忘れないように。

 

栄養補給に役立つおすすめのサプリはこれ!

こちらも参考にして頂ければと

思います。

スポンサーリンク