皆さんは、風邪をひいてしまった

時に風呂に入りますか。

 

「風邪を引いたら風呂に入っては

いけない」と、よく言われますが

それはもう一昔前の話のようです。

 

医師によっても異なりますが

実際は適切に活用することで

症状の悪化を防いだり

治りを早めることもできます。

(もちろん入浴には条件もありますが)

 

今回は、風邪をひいた時に

入浴する際の注意点について

解説していきます。

■ 風邪の時に入浴するメリットとは

風邪の時に入するメリットは主に

  • 免疫力の向上
  • 血行を促進させ新陳代謝を高める
  • 高い湿度によってウイルスの活動が弱まる

この3つです。

 

体が温まることで血行が良くなり

免疫力も高くなります。

 

人の免疫力は37度あたりで

最も強くなるため、入浴することで

細菌やウイルスに対する抵抗力も

強くなります。

 

■ このような場合は控えるべき

メリットは確かにありますが

以下の場合は入浴を控えましょう。

  • 38度以上の高熱の時
  • 全身がだるくてフラフラする場合
  • 強いめまいや頭痛がある場合
  • 下痢だったり嘔吐した場合

入浴によって効果があるのは

主に、風邪のひきはじめだったり

微熱程度の軽度の風邪だけです。

 

無理して入浴すると逆効果となる

恐れがあるので、症状が重い風邪の

場合には入浴は控えましょう。

(ただ、そんな辛い時に入浴したいと

思う人はまず、いませんが・・・。)

 

微熱の区切りはおおよそ37.5度以内と

言われています。

 

人によっても個人差があるので

一概には言えませんが

自分の平熱より1度高いぐらいが

微熱の目安と思っておきましょう。

■ 入浴の際に気をつけること

基本的にシャワーではなく

しっかりと湯船に浸かること

風邪の時は重要です。

 

シャワーならササッと体を洗えますが

体の芯まで暖まらないので

すぐに体が冷えてしまい

風邪を悪化させてしまいます。

 

できる限り湯船に浸かって

身体を温めるようにしましょう。

 

また、風邪をひいているときは

とにかく体力が消耗しているので

熱いお湯に浸かるのは避けて

ぬるめのお湯に浸かりましょう。

 

40~41度ぐらいがちょうど良い

温度と言われています。

 

10~20分を目安にゆっくり

肩まで浸かりましょう。

汗をかく少し前ぐらいに

上がるのがちょうど良いです。

 

風呂から上がったら、体についた

水滴をしっかり拭き取りましょう。

 

ここで水滴が残っていると

熱が一気に奪われてしまうので

十分に気をつけましょう。

(髪の毛を乾かすのも忘れずに。)

 

ちなみに、冬場などは脱衣所と

浴室との温度差が大きく

風呂から出た時に急激に熱が

奪われる恐れがあります。

 

風邪を悪化させないためにも

脱衣所は入浴前にストーブや

エアコンを使って温めておきましょう。

 

■ 入浴後の注意点

入浴したあとはすぐに寝るのが

良いですが、その前に水分を忘れずに

補給するようにしましょう。

 

特に、風邪をひいているときは

水分と同時にビタミンなども

大きく消費されます。

 

スポーツドリンクなどで

必ず水分を補給してから

寝るようにしましょう。

風邪に効く7つの食べ物・飲み物とは?

 

また、入浴後は体が暖かくなっており

汗をかいてしまうこともあるので

暑過ぎる場合は無理せず

冷ました方が良いです。

 

暑すぎて汗をかくと、寝ている間に

汗によって体温が大きく失われる

恐れがあるので無理して

我慢しないようにしましょう。

 

■ まとめ

風邪をひいているときであっても

その程度が軽かったり、風邪の

ひきはじめのような場合には

風呂に入るメリットは十分あります。

 

また、風邪をひいて寝込んでいると

汗によって不快感が発生するので

一度、入浴してサッパリした方が

気持ち良いですよね。

 

体を冷やさないということには

十分注意しつつ、風呂も活用して

風邪を少しでも早くに治しましょう。

【今すぐ役立つ!】風邪を早くに治す5つの方法はこれだ!

こちらも参考にして頂ければ幸いです。