風邪を引くと必ずと言っていいほど

出てくる咳。

 

風邪による熱や鼻水は治っても

咳が長引くこともありますよね。

私も頻繁に風邪をひいていたので

その都度咳に悩まされてきました。

 

特に、夜は咳のせいで寝れないことも

あるため、非常に辛いですよね。

 

今回は、そんな咳を少しでも

早く、かつ簡単に止める方法を

紹介していきます。

スポンサーリンク

■ 咳を止める方法

① 水分補給をする(暖かい飲み物)

立て続けに咳が出ると、のどが

乾燥してしまい、細菌やウイルスが

侵入しやすくなります。

 

そうなると、さらに咳が出るようになり

さらに咳が悪化する悪循環に陥る

恐れがあります。

 

水分を積極的に補給することで

のどの乾きを防ぐことが重要です。

 

otyasyouga

飲み物は暖かい物

飲むようにしましょう。

生姜湯は体がしっかりと温まるので

特にオススメです。

 

逆に、冷たい飲み物は

のどを刺激して、咳が悪化する

恐れがあるので避けましょう。

 

また、飲む時は一気に

飲むのではなくストローを使って

少しずつ飲むようにしましょう。

 

蒸気によってのどが

しっかりと温められるので

保湿効果が長い間持続します。

 

② マスクをつける

咳が出ている方はすでにマスクを

つけているかもしれませんが

マスクを付けることで

のどの乾燥を防ぎ、周囲にウイルスや

細菌をまき散らすのも防げます。

 

特に、上記の暖かい飲み物を

飲んだあとにつければ

湿った息が循環されるので

より一層保湿効果が高まります。

 

また、マスクを付ける際は

しっかりと鼻と口をおおって

隙間ができないようにしましょう。

スポンサーリンク

③ 湿度を上げる

家にいる場合は、部屋の湿度を

上げることでも咳止めには

効果があります。

 

お風呂に入っているときは

咳はあまりでませんよね。

あれは浴室の湿度が

非常に高いからです。

 

加湿器があればベストですが

ない場合でも、濡れたタオル

ハンガー等かけ、部屋の高いところに

つるすことで湿度を上げられます。

 

一枚だけではあまり意味がないので

2、3枚ほど別々につるすと良いです。

 

濡れタオルは水滴がこぼれて

部屋が濡れることのないよう

ある程度しぼってから

つるすようにしましょう。

 

ちなみに、洗面器等に水を入れて

部屋に置いておくだけでも

ある程度、保湿効果が期待できます。

 

寝る前などはコップや洗面器に

お湯を入れて、近くに置いておくと

寝ている時でも乾燥を防げるので

オススメです。

 

④ 姿勢に気をつける

寝るときに咳が辛い場合は

上半身を少し高くすると気道が

広がるので、だいぶ楽になります。

 

いつもより背の高い枕を使ったり

タオルなどを下に敷いて

高さを調節しましょう。

 

また、それでも辛い時は

横になって寝ると良いです。

 

仰向けになって寝るのが

最も辛い姿勢と言われているので

寝るときはできるだけ横向きに

寝るようにしましょう。

 

■ まとめ:のどを乾燥させないことが重要!

以上、どうでしたか。

この4つなら比較的簡単にできるので

ぜひ試すことをオススメします、

 

これ以外にもはちみつを食べたり

のど飴をなめることでも咳止めに

効果があると言われていますが

これらのアイテムはいざという時に

ないことも多いです。

 

そのため、のどの乾燥を防ぐことだけは

最低限、気をつけると良いです。

のどを保湿するだけでも

ずいぶんと違ってきますよ。

 

咳が辛い時にはこれらの方法を試して

少しでも早くに辛い咳から

解放されましょう。

【今すぐ役立つ!】風邪を早くに治す5つの方法はこれだ!

こちらも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク