歯科矯正を始める際には

各矯正装置を付ける前に

やるべきことが沢山があります。

 

特に事前の精密検査は

具体的な矯正の方法を

提示するためにも非常に

重要な資料となります。

 

今回は、実際に矯正を始める前に

行う精密検査の方法について

その流れも含めて解説していきます。

■ 初めの相談

初めて矯正の診断に行くと

まずは矯正治療とはどういうものか

医師から説明を受けます。

 

また、患者さんが

矯正で何を治したいのか

どうして矯正をしたいのかも

質問されると思います。

 

ただ、初診の場合は患者の

精密なデータは無いので

具体的にどのように治療するかは

この時点では分かりません。

 

そのため、患者のデータもないのに

早く矯正をすることを催促する

病院には気をつけましょう。

【後悔しない歯科矯正】病院選びで本当に大切な2つのポイント

(こちらも参考に)

 

しっかり疑問や不安を

聞いてくれる担当医を見つけて

良く相談することが重要です。

 

■ 精密検査を受ける

例えどんなに相談しても

実際のデータがないと

分からないことも多いので

精密検査を受けます。

 

精密検査の費用はおおよそ3~5万程

ところが多いようです。

 

基本的に精密検査で受け取る資料は

他の病院でも使えるデータなので

納得のいく矯正を受けるためにも

複数の病院で矯正の方法を

吟味すると良いです。

 

ちなみに、精密検査自体は

1時間程で終わりますが

その診断結果が出るのは

数日後になる場合もあります。

■ 一般的な検査方法

■ レントゲンを撮る

rentge

おそらくどんな矯正を

行うにしてもレントゲンで

歯全体の骨格を検査すると

思います。

 

また、頭部全体のX線写真も

撮ることで歯並びだけでなく

歯根の状態や顎全体の形も

実際に確認することができます。

 

私の場合は出っ歯だったので

レントゲンでその実態を

知ったときは流石に驚いたのと

同時に不安になりましたね。

 

また、親知らずなど

普通は歯茎に埋まっていて

目視できないような歯も

見つけられます。

 

■ 歯型の採取

hagata

こちらはレントゲンだけでは

分かりずらい噛み合わせを

確認するために行います。

 

実際に模型を作ってもらえるので

自分の歯がどうなっているのか、

噛み合わせが悪い部分が

どこなのかも分かります。

 

■ 口元の写真を取る

普通にしているときの

口元の状態や矯正前の

歯並びの状態を資料として

残すためにも写真を撮ります。

 

上下の歯並びだけでなく

側面から見た歯並びも

写真に撮っていきます。

 

また、これは私の場合ですが

矯正をすることで口元や

歯並びがどう変化するのか

機械のシュミレーターで

シュミレーションもしてくれました。

 

矯正前の写真があると

矯正による歯並びの変化が

非常に良く分かりますよ。

 

■ まとめ:精密検査を行うことで矯正の方法が分かる

ここで挙げた検査は

ごく一般的な検査方法なので

病院によってはさらに別の方法で

詳しく調べることもあります。

 

ただ、矯正を行うには

この精密検査は必ず必要なので

矯正をしようと考えている方は

まず精密検査だけでも受けることを

オススメします。

 

実際に行う矯正方法は

各医師によって異なるので

検査結果の資料を入手したら

納得のいく矯正ができる

病院を探すと良いでしょう。

 

以上、参考になれば幸いです。