【犬歯は抜かない方が良い?】犬歯の役割や矯正との関係性とは?

kensi

全ての歯の中でも耐久性が

最も高いと言われている犬歯。

八重歯などにより抜歯を望む

患者さんも多いようですが

この犬歯は実は重要な役割を

持っている大切な歯でもあります。

今回は、この犬歯の役割や

矯正における重要性について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 犬歯の役割

皆さんは、犬歯が虫歯になった

ことはあるでしょうか。

おそらく、奥歯に比べると

虫歯になるケースは数少ないと

思います。

実は、犬歯は他の歯に比べて

歯根が長く顎の骨の中に

しっかりと埋まっています。

また、歯の表面を覆っている

エナメル質は最も分厚いため

虫歯になりづらく、欠けたり

割れたりすることも滅多にありません。

なぜ、犬歯がこれほどの強度を

持っているかというと

食物を切り裂くために必要な

歯であるということです。

これは肉食の哺乳類についても

同じことが言えます。

例えば、虎やライオンなどの

肉食動物が鋭い犬歯を持っているのは

硬い物(主に肉)を食いちぎるために

強力な歯が必要となるからです。

ただ、人間は必ずしも肉を食べる

訳ではなくなったので

ある程度退化したようですが

その名残として歯の中では

最も強力な歯であることには

間違いないと思います。

また、現代における犬歯の役割は

物を噛み砕くというより

もっぱら見た目や笑顔などの

表情を表す役割となりました。

おそらく、美的観点で見れば

前歯と同じぐらいに

目立つであろう歯です。

矯正で犬歯の位置を正しい位置に

動かすことは噛み合わせや

歯並びの改善だけでなく

美的観点からも高い効果が期待できる

歯であるとも言えます。

そのため、ひどい八重歯の状態で

他の歯に悪影響を与えている場合や

矯正によって元の位置に戻すことが

難しい場合などを除いて基本的に

犬歯の抜歯はオススメできません。

⇒【歯並びの悩み】叢生や八重歯とは何?どのような矯正をするの?

(こちらも参考に)

矯正の医師が犬歯を抜かずに

その一つ後ろの歯を抜くことが

多いのは犬歯が非常に重要な

役割を持っているからなのです。

スポンサーリンク

■ 犬歯の動かし方

矯正における犬歯の動かし方ですが

犬歯は他の歯よりも歯根が長いので

犬歯を動かすには通常の歯よりも

強い力が必要となります。

また、犬歯は矯正において

元の支える歯としての役割もあるので

出っ歯を治す場合、先に犬歯を後ろに

下げてから出ている前歯を後ろに

下げるという手順になることが

多いそうです。

犬歯を動かす方法として

最も一般的なのは

パワーチェーンというゴム製の

矯正器具を使って動かします。

【犬歯を動かす?】矯正に使われるパワーチェーンの特徴とは?

犬歯は歯が大きいので人によっては

痛みや違和感が大きいことも

あるようです。

ただ、矯正においては非常に重要となる

歯なのでしっかり歯が動くよう

多少の痛みは我慢しましょう。

■ まとめ:犬歯は意外にも重要な歯であった

このように犬歯はいまでこそ

肉や硬い物をバリバリ食べるという

ことがなくなったで、それほど

重要視されていませんが、実は

見た目や表情の形成、矯正における

観点から見れば非常に重要な歯です。

そのため犬歯の場合は

できるだけ抜歯はしない方が

良いという意見は多いです。

矯正で正しい位置に戻せることが

可能ならできる限りその方法を

選んだ方が個人的には良いと思います。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加