皆さんはホワイトニングの方法の

一つに消しゴムがあることを

こ存じでしょうか。

 

もちろんホワイトニング専用の

消しゴムですが、歯医者などで

治療を受けるよりも安価で

ホワイトニングを行えるのが

メリットの様です。

 

そんな消しゴムでも本当に

ホワイトニングの効果が

あるのでしょうか。

 

今回は、このホワイトニングの

消しゴムについて解説していきます。

スポンサーリンク

■ ホワイトニング専用の消しゴムとは

ホワイトニング消しゴムは

歯の表面を擦ることで

着色や汚れを落します。

 

消しゴムの材質はシリコンゴム

通常の消しゴムと材質自体は

かなり似ています。

 

また、消しゴムに研磨剤という

別の薬品を使うことで歯の

黄ばみを取り除きます。

 

使い方も通常の消しゴムと同じように

ただ歯に当てて擦るだけです。

 

このホワイトニング消しゴムの形は

商品によっても大きく異なり

普通の消しゴムのように平状の物から

ペンのような物まで実に様々です。

 

形は自分の歯にしっかり当てられる

合ったものを使いましょう。

 

歯の消しゴムは普通の薬局や

ドラッグストアで販売されており

誰でも気軽に購入することができます。

 

また、インターネットからも

購入することができるので

せひとも探してみましょう。

スポンサーリンク

■ 消しゴムのメリット

このホワイトニング消しゴムの

一番のメリットはなんといっても

安価で携帯性に優れれいるという

ところでしょう。

 

消しゴムなので歯ブラシ

歯磨き粉の様にがさばる

心配はありません。

 

歯磨きだけでは十分に

落としきれない着色に対して効果を

発揮するのでホワイトニングの

中でも即効性が高いとも言えます。

 

価格は大体500~700円程

一部の高いものは3000円程など

価格も製品によっても様々です。

 

■ 消しゴムのデメリット

まず、歯磨きのホワイトニングと

決定的に違うのは、歯の消しゴムは

あくまでも歯の表面の汚れを落とすだけで

歯自体を白くする訳ではありません。

 

汚れを取るには適していますが

元々の歯の色よりも白くすることは

消しゴムではできません。

 

そのため人によっては使っても

歯がツルツルになっただけで

全く効果がないという場合も

十分考えられます。

 

また、研磨剤を使って擦る関係上

日常的に頻繁に使っていると

歯の表面のエナメル質が逆に

削れてしまうことがあります。

 

エナメル質が傷ついてしまうと

逆に黄ばみが付きやすくなってしまい

逆効果となることもあります。

 

あくまでも汚れがひどい部分に

のみ使う様にして、健康な歯を

やたらに擦るのは避けましょう。

 

■ まとめ:どちらかというとクリーニングに近い

この歯の消しゴムはホワイトニング

というよりも、歯のクリーニングと

言ったほうが適していると思います。

 

適切に使えば歯磨きでは取りきれない

歯の汚れを綺麗に落とすことが

できる素晴らしい製品です。

 

劇的な効果は期待できませんが

それでも歯の汚れを落とすには

十分効果を発揮するので興味のある方は

試しに購入してみてはいかがでしょうか。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク