歯科矯正をするにあたり

必ず気になるのが

矯正にかかる費用

 

病院や患者によって費用が違うのは

もちろんですが、矯正を始めたいと

思ったなら具体的に必要になる

費用についても明確にして

おきたいですよね。

 

今回は、矯正にはどのくらいの

費用がかかるのか紹介していきます。

■ 最低100万はかかると思ったほうが良い

結論から言ってしまうと

歯並び全体や噛み合わせを含めて丁寧に

治療を行う場合、最低でも約100万円は

かかると思っておいた方が良いです。

 

特に、歯並び全体を矯正する場合は

装置費用の関係上、このくらいは

どうしても必要になります。

 

もちろん患者によって、歯の状態や

歯並び、骨格も違うため矯正の

目的によっても金額は異なります。

 

ただ、最も一般的なワイヤーによる

歯並び全体の矯正の場合には

大体100万前後が相場です。

 

部分的に少しだけ治す場合は

また別になりますが、私のように

噛み合わせが悪く、全ての歯を

矯正する必要ある場合にはどうしても

100万円は必要になります。

 

また、基本的に歯科矯正は、

歯を支えるためにも全ての歯に

矯正の装置を取り付けて行うので

一部だけ矯正するということは

稀と考えたほうが良いでしょう。

 

■ 費用の内訳

先ほどざっくり100万程かかると

書きましたが、これは歯科矯正が

終わるまでにかかる費用全てを

合計した金額です。

 

私の場合は、装置の費用に約80万

それ以外に毎度の診察・調整料

(おおよそ5000円ほど)や

初回の精密検査料等を全て含めて

計100万円ほどでした。

 

装置の費用は種類にもよりますが

ワイヤー矯正の場合は基本的に

鉄のワイヤー(メタリック)

透明の目立たないワイヤー

(セラミック)の2種があります。

 

白いワイヤーは装置が目立たず

綺麗なので、主に女性の方や

社会人で人と接する機会の多い人は

白のワイヤーを使うことが多いと

言われています。

(私が実際に行った、矯正歯科の医師曰く)

 

ただし、セラミック製のワイヤーは

歯を動かす力が金属製のワイヤーに

比べてやや弱く、歯を動かす上では

金属ワイヤーよりも劣ります。

 

また、費用も10万程高くなるという

難点もあるので、安易に選択するのは

やめた方が良いですね。

 

特に見た目をこだわらない場合は

金属製のワイヤーにした方が

費用も安く済むので、個人的には

金属製ワイヤーをオススメします。

(それでも80万はかかりますが。)

 

使う装置によっても矯正に必要になる

料金が変わってくるというとも

頭の片隅に入れておきましょう。

 

ワイヤーを取り替えた入りする際の

調整料などは病院によって異なるので

装置の費用だけでなく、それ以外に

必要となる費用についても調べつつ

疑問に思うのであれば、歯科矯正の

先生に相談してみましょう。

 

ちゃんとした矯正歯科の先生なら

矯正に必要になる料金や具体的な内訳に

関しても、丁寧に答えてくれますよ。

 

■ まとめ:とりあえずは100万円かかると考えておく

矯正にかかる費用は、患者さんの

歯の状態や使用する装置によっても

異なりますが、最低限100万は

かかると思っていた方が良いです。

 

具体的な費用については実際に

精密検査を受ければ必ず分かります。

 

逆に精密検査前にはいくらかかるかは

本来分からないはずなので

最初から安さを売りにしているような

病院は気を受けた方が良いです。

(医師が信頼できるかどうかも

一緒に調べておきましょう。)

 

矯正には100万ぐらい必要であると

思っていれば、矯正をするかしないかを

判断する材料にもなるので、目安として

覚えておくと良いですね。

 

とりあえず、精密検査を受けるまでは

全体で100万ぐらいかかるのだと

考えておくと良いでしょう。

以上、参考になれば幸いです。