歯の黄ばみの原因は一体何?歯が黄ばんしまう4つの原因とは?

hakibami

皆さんは自分の歯を見たときに

歯が黄ばんでいないでしょうか。

歯が黄ばんでいると相手によっては

「きたならしい」「不潔」など

不快にさせてしまうことも

有り得ます。

相手に見られることの多い

歯ですが、できれば綺麗な

白い歯の方が良いですよね。

今回は、そんな歯がなぜ黄ばむのか

その根本的な原因について

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 黄ばみはエナメル質の汚れによるもの

歯は遺伝や加齢などによる

変色もありますが歯が黄ばむ

根本的な原因はエナメル質に

色素が付着することです。

エナメル質は本来、半透明なため

色素ががないと白色に見えます。

色素は普段の食事の中で勝手に

付着しますが1回の食事ですぐに

黄ばむのではなくその色素が

月日を重ねるごとに少しずつ蓄積され

その結果、歯が黄ばんでしまいます。

また、お菓子など糖分を多く

含む物を頻繁に食べていると

歯の再石灰化が遅れ

エナメル質に含まれる

ミネラル成分が溶け出します。

ミネラル成分が溶け出すと

歯にツヤや輝きがなくなるので

歯が黄ばんでいるように

見えてしまうのです。

スポンサーリンク

■ 色素が付着する主な物

色素が含まれるものは

数多いですが中でも黄ばみの

原因になりやすいものを

挙げてみました。

  • コーヒー、紅茶、赤ワインなど

これらは色素が多く含まれる

飲み物として有名です。

実際に私はコーヒーが好きですが

その弊害として歯の黄ばみに

悩まされることになりました。汗

歯でなくてもホットコーヒーを

白いコップに入れてしばらく置き

その後コーヒーを飲み終えると

コップの淵が茶色く黄ばんでいるのを

見たことはないでしょうか。

例えばこんな感じです。

hakibami (4)

コーヒーを入れる前のカップです。

hakibami (3)

コーヒーを入れて暫く置いてから

飲み終えたときのコップです。

飲み終えてすぐにコップを洗えば

この黄ばみとなる色素は

比較的簡単に取れますが

ある程度時間が経ってしまうと

なかなか黄ばみが落ないですよね。

歯の黄ばみでも同じことが言えます

この色素の付着を繰り返していると

やがて歯磨きでも取れないような

厄介な黄ばみとなってしまうのです。

また、飲み物だけでなく

チョコレートやカレーなどの

食べ物、醤油やケチャップなどの

調味料によっても色素は付着します。

  • タバコ

色素の付着だけでなく他にも

歯に多くの悪影響を与える

いわば歯の天敵とも言えるタバコ。

タバコによる黄ばみは

他の黄ばみよりもかなり汚く

見えると言われています。

タバコに含まれるヤニ(タール)が

歯に付着することで黄ばむと言うより

茶色のような色に変色します。

特に習慣的にタバコを頻繁に吸う方は

歯の健康にも気をつけたいです。

■ その他原因

  • そもそも歯磨きをしない

色素はしっかり歯を磨いても

なかなか落ないと言われているので

歯磨きをしないなんてことは

完全に論外です。

  • エナメル質ではなく象牙質が原因

「日々丁寧に歯を磨いている」

「クリーニングも定期的に受けている」

という方で歯が真っ白にならず

悩んでいる方も中には

居られると思います。

その場合はエナメル質が

汚れているのではなく

エナメル質の内側にある

象牙質の色が透けて

見えているのかもしれません。

この象牙質は元から

若干黄色っぽい色をしています。

(個人差はありますが)

そのため歯自体は健康なので

それに気づかず無理に歯を磨くと

エナメル質が余計に削られ

逆効果となる恐れがあります。

象牙質自体を白くすることは

できないので、どうしても気なる方は

ホワイトニングの治療を受けて

象牙質の上の層のエナメル質を

白くすることで解決できます。

■ まとめ:色素の付着自体を避けることはできない!

このように色素は普段の

食事の中で必ず付着するので

完全に色素を回避することは

避けられません。

そうなると黄ばみを防ぐのは

色素が完全に沈着する前に

どのようにして落とすか

その対処法が重要となってきます。

次回はこの色素を落とす

対処法について解説していきます。

自宅でもできる!?歯の黄ばみを落とす3つの方法!

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加