【本当に矯正できない?】歯科矯正と金属アレルギーの関係性とは

iryoukiki

皆さんは金属アレルギーに

ついては知っているでしょうか。

良くピアスを初めて付けるときは

金属アレルギーが出やすいという

声を良く耳にしますが

実は矯正を始めたことが原因で

アレルギーが出ることもあります。

今回は、この金属アレルギーの

原因や矯正との関係性について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 金属アレルギーとは

金属アレルギーとはその名の

通りに金属系の物質に対して

過剰な免疫反応を引き起こすことが

原因で口の中が不快感が出たり

皮膚が腫れたりすることがあります。

また、金属アレルギーは金属に

直接触れていない部分にも

発生する全身性のものもあります。

金属アレルギーは一度

免疫反応を起こしてしまうと

数十年、或いは一生

金属アレルギーはなくならないと

言われています。

そのため金属アレルギーになるのを

防ぐことが重要だと言えます。

自分が金属アレルギーかどうかは

金属パッチテストという検査薬を

皮膚に貼りその反応の変化で

調べることができます。

矯正を始めてから金属アレルギーの

反応が出でしまい、苦労することの

ないよう矯正前にパッチ検査は必ず

受けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

■ 金属アレルギーの原因

金属アレルギーはアレルギーを

引き起こしやすい金属物質が

体内に取り込まれることで

発生します。

金属は汗などの体液と触れると

溶け出す性質を持っており

その溶け出した物質がイオン化

することにより体内に

取り込まれてしまいます。

金属アレルギーが出やすい物質は

ニッケル、クロム、コバルト、

パラジウム、イリジウムなど数多く

歯科で頻繁に使われている

金属もあります。

また、意外なことに食べ物の中にも

金属アレルギーを引き起こす

金属元素が含まれていると

言われています。

亜鉛とかは良く必要な栄養素で

知られていますよね。

ただ、これらの金属物質を

多く体内に取り込むと、人によっては

アレルギー反応を引きを起こす

原因に繋がります。

代表例としては

  • コーヒー
  • チョコレート
  • ココア
  • 紅茶
  • 豆類

などが挙げられます。

金属アレルギーの方は

これらの食べ物、飲み物を

過剰に摂取するのは

控えたほうが良いでしょう。

■ アレルギー体質でも矯正はできるのか

じゃあ金属アレルギーがあると

矯正ができないかというと

必ずしもそういう訳ではありません。

現在の矯正の装置の種類も多く

金属アレルギーが出にくい

ワイヤーを使ったりセラミック性の

物を使うことでアレルギー反応を

できる限り抑えつつ矯正ができます。

また、ワイヤー矯正以外にも

インビザラインという別の

矯正装置を使う選択肢もあります。

インビザライン矯正とは一体何?そのメリットとデメリットとは

金属アレルギーの方は

このように別の矯正装置等を

使ってできるだけ金属を

使わなければ矯正はできます。

ただ、デメリットとしては

通常の金属ワイヤーよりも

費用が若干高くなったり

矯正に時間がかかるということも

考えられます。

■ まとめ:予め検査を受けて自分の体質を理解することが重要

一般的なワイヤー矯正の場合は

金属を使うことになるので

自分の体質がわからないまま

装置を付けると金属アレルギーを

引き起こしてしまう恐れがあります。

事前に検査を受けてアレルギーか

どうかわかっていれば別の方法で

矯正を行えるので個人的には必ず

矯正前に検査を受けてアレルギーが

あるかを知った方が良いと思います。

一度金属アレルギーを引き起こすと

ずっと抱え続けることになるので

できるかぎり予防をして自分に合う

適切な矯正装置を付けましょう。

以上、参考になれば幸いです。

【歯周病でも矯正できる?】矯正すると歯周病も治るかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加