黄色いおしっこ(尿)がでる原因はこれ!普通は病気ではない!?

toirenyou

トイレで用をたっしている時に

尿の色が黄色くて不安になったことは

一度はあると思います。

尿が黄色くなるのにはいくつかの

理由がありますが、元々胆汁に

含まれているビリルビンという

物質によっても尿の色は

黄色くなります。

基本的に黄色い尿が出ても

病気であることはほとんどなく

主に摂取した栄養素や体内の

水分量などが関係しています。

今回は、この尿が黄色くなってしまう

その原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

尿が黄色くなる原因はこれ!

ビタミンB2を摂取した

sapurimentokusuri

尿が黄色くなる原因としては

恐らく最も一般的な原因でしょう。

サプリメントやビタミン剤、

栄養ドリンクといったもので

「ビタミンB2」を取ると

その後の尿が黄色くなります。

私自身、よくビタミン剤を利用しますが

大抵、ビタミン剤を飲んだ後の

尿は真っ黄色になりますね。

黄色くなるのは一時的であり

病気ではないので過度に心配する

必要はありません。

体内の水分量が不足している

atuinatusuibunhokyu

尿の色は体内の水分量によっても

変化します。

朝起きた時や運動した直後は

尿が濃縮されるため、尿の色が

黄色だったり、オレンジ色、

または薄茶色になります。

これも病気ではなく自然に起こる

現象です。

suibuhokkyuu2

この場合には、体内の水分量が

少ないために尿が濃縮され

黄色っぽくなるので、基本的に

水分を補給すれば元に戻ります。

例えば、ドリンクバーなどで

飲み物を沢山飲んだ後に出る

おしっこはほぼ透明ですよね。

あれは、体内の水分量が非常に多く

尿を黄色くするビリルビンに対して

水分量の方が大きく上回っているために

透明になります。

そのため、まずは水分をしっかりと

補給してみて、正常な尿に戻るか

確認しましょう。

水分を補給しても尿の色が

濃いオレンジ色から変わらない場合は、

胆石症という、胆汁を分泌する

管の部分に石が詰まる病気を

引き起こしているのかもしれません。

心配な方は、一度早めに消化器科か

内科を受診しましょう。

スポンサーリンク

危険なのは黄色以外の尿!

iroakamidori

黄色の尿は基本的に一時的に起こる

正常な尿であることがほとんどですが

万が一、尿の色が茶色っぽくなったり

赤色、ピンク色といった場合には

病気が原因となっている可能性が

あります。

特に、赤やピンクといった色の場合には

尿に血液が混じっている可能性が高く

腎臓や前立腺、尿管に腫瘍があったり

炎症が起こっているかもしれません。

これらの炎症が起こっていると

排尿時に痛みが起こったり

背中やわき腹が痛むことがあります。

とにかく尿が赤色、ピンク色といった

場合には、必ず病院で精密検査を

受けることが重要です。

また、薬の副作用などで尿が

緑色に変化することもあります。

事前に薬の説明書きや医師からの

説明がないのに尿が緑色になった

あるいは薬を飲んでいないのに緑色に

なった場合には、場合には緑膿菌が

原因で膀胱炎を引き起こしている

可能性があります。

その場合も、一度早めに病院を

受診することをオススメします。

まとめ:黄色い尿が治らない場合には一度病院へ!

このように一般的には尿が黄色で

あっても、病気であることは少なく

水分不足による尿の濃縮か

ビタミンB2の取り過ぎの可能性が

高いです。

ただ、それら原因にかかわらず

慢性的に黄色い尿が出ている場合や

黄色以外の赤っぽい尿が出た場合には

病気が疑われるので、一度早めに

医療機関で検査を受けましょう。

尿を専門とする科は主に消化器科か

内科なので、尿の色が気になる方は

これらの医療機関を受診することを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加