【何を食べるべき?】口内炎に効果的な4つのビタミンとは?

yasai

栄養不足や疲労が原因で

発生するとも言われている

口内炎

栄養の中でも特に口内炎と

関係があるのはビタミンです。

ビタミンには様々な種類がありますが

これらをしっかりと摂取することで

口内炎を予防したり悪化させずに

早期に治すことができます。

今回は、この口内炎に良く効く

ビタミンを多く含む食べ物に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 何のビタミンを取るべきか

一般的に口内炎に効くと

言われているのはビタミンB2、

ビタミンB6、ビタミンC、

ビタミンAだそうです。

これらの成分を多く含む物を

食べて口内炎を防ぎましょう。

■ ビタミンB2が多く含まれる物

reba

ビタミンB2は肌の再生や粘膜の再生、

細胞の新陳代謝に関わってくる成分です。

皮膚や粘膜にとっては非常に重要な

栄養素なので口内炎に限らず

肌のトラブル改善にも繋がります。

ビタミンB2を多く含む物は

レバー類 うなぎ
かも すじこ
魚肉ソーセージ さば
いくら たらこ
納豆 まいたけ
たまご うに
モロヘイヤ いわし
牛乳 チーズ

など、レバーや納豆、たまご系の

食品に多く含まれています。

■ ビタミンB6が多く含まれる物

ninik

ビタミンB6もB2と同じく皮膚や

粘膜の強化の役割りをします。

B6は腸内で作られるため

不足しづらい成分と言われていますが

口内炎を予防するなら少しでも

多く取るよう心がけましょう。

にんにく バナナ
大豆 マグロ
いわし かつお
さんま
レバー類 キャベツ
たまご じゃがいも

などが多く含んでいます。

■ ビタミンCが多く含まれる物

itigo

ビタミンCは口の中の炎症を

和らげたり、免疫力の強化に

関係してくる成分です。

また、口内炎の原因でもある

ストレスに対する抵抗力を

高める効果もあります。

さらに口内炎に効くだけでなく

体の代謝の改善、肌の健康など

美容効果も高い成分です。

ビタミンCを多く含むのは

イチゴ オレンジ
レモン ブロッコリー
赤ピーマン アスパラガス
ほうれん草 メロン
トマト 小松菜

など、主に野菜や果物

多く含まれています。

■ ビタミンAが多く含まれる物

ビタミンAも細菌に対する

抵抗力の強化や皮膚を

正常に保つ働きがあります。

口内炎対策をするならビタミンAも

摂取できると尚良いでしょう。

レバー類 うなぎ
のり にんじん
しそ かぼちゃ
モロヘイヤ 牛乳
バター パセリ

などに含まれています。

■ まとめ:レバーや乳製品、魚類などが最も効果的か

このようにビタミンを含む

食品を摂取することで

菌に対する抵抗力の強化ができ

結果として口内炎予防にも繋がります。

特に、レバーや乳製品、魚類は

複数のビタミンを含んでいるので

口内炎対策の為に積極的に

摂取すると良いです。

(もちろん過剰摂取はダメですが。)

ビタミンもしっかり摂取して

口内炎対策に繋げていきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

サプリメントで補うのも効果的ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加