【理解しづらい】高額療養費制度とは?どういう人が受けられる?

kouiryou

公的医療保険における制度の

1つである高額療養費制度

(こうがくりょうようひせいど)

医療費が高額になってしまった場合に

活用できる医療制度ですが

なにせ説明が堅苦しいので

実際にどのような仕組みなのか

イマイチ分かりづらいですよね。

今回は、この高額療養費制度の

基本的な仕組みについて

簡潔に解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 高額療養費制度とは

高額療養費制度は月の初めから

終わりまでの1ヶ月間に

医療機関や薬局の窓口等で支払った

医療費の総額が一定の上限額

超えた場合にその超えた分を

支給する制度です。

つまり、非常に高額な治療を

受けたとしても、その経済的負担を

大きく減らすことができる

制度なのです。

すごくありがたい制度ですが

高額療養費制度の支給対象となるのは

保険適用で行った治療だけです。

よって、自由診療の治療や食事代、

差額ベッド代、居住費は

対象とならないことに注意です。

スポンサーリンク

■ 1ヶ月の負担の上限額とは

さて、実際に高額療養費として

支給されるにあたり、重要になる

条件として負担の上限額があります。

これは公的保険加入者の所得水準や

70歳以上か未満かによって

決定されます。

まず、70歳未満の場合は

所得区分 自己負担限度額
年収約1,160万円以上の方 252,600円+
(総医療費-842,000円)
×1%
約770~約1,160万円 167,400円+
(総医療費-558,000円)
×1%
約370~約770万円 80,100円+

(総医療費-267,000円)

×1%

約370万円以下 57,600円
住民税非課税者 35,400円

と、平成27年1月診療分からは

基本的にはこのような感じです。

(訳わからんという感じですが

後で例を出します。)

そして、70歳以上の場合は

自己負担限度額 自己負担限度額
所得区分 外来(個人ごと) 外来・入院
標準報酬月額28万円以上で窓口負担が3割の方 44,400円  80,100円+(医療費-
267,000円)
×1%
一般所得者 12,000円 44,400円
低所得者※1 8,000円 24,600円
低所得者※2 8,000円 15,000円

※1=※2以外の方

※2=年金収入のみの方
又は年金受給額80万円以下など
総所得金額がゼロの方

と、なりますがこれだけでは

イマイチ分かりづらいので以下の

図の例を見てみましょう。

iいirouhoken

出典:厚生労働省ホームページhttp://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000075123.pdf

この図では年収が約370万から

約770万までの方の例ですね。

もう一つ理解を深めるために

同じ70歳未満ですが

年収が約370万円以下の方

変えて例えてみましょう。

70歳未満で年収約370万円以下の方の

負担限度額は57,600円

固定となっています。

そのため窓口負担の30万円から

57,600円を引いた242,400円

高額療養費として支給されます。

基本的に所得が増えるほど

負担の上限額も高くなり

逆に所得が低くなるほど

上限額が低くなります。

■ まとめ:一定以上の医療費がかかったのなら申請できる

このように高額療養費制度は

高くなった医療費への

経済的な負担を減らすことが

できる非常に優れた制度です。

上限額が非常にややこしいですが

自分の所得や医療費の明細等の

データが手元にあれば比較的簡単に

算出できるので気になる方は

ぜひとも調べてみましょう。

ただ、自分から申請しない限り

給付を受けることができないので

利用できるなら必ず申請して

給付を受け取りましょう。

次回はこの給付の申請方法について解説します。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加