口の中でヒリヒリして

とにかく鬱陶しい口内炎。

 

口内炎を防ぐことも大切ですが

万が一できてしまった時も

できることなら早く治したいですよね。

 

今回は、その口内炎の治し方や

予防法について解説していきます。

口内炎の治し方

口内炎は早くに対処することで

悪化を防げるので、口内炎を

見つけたら早めに下記の対処法を

試しましょう。

 

■ 塗り薬を塗る

塗り薬は口内炎に対して高い効果と

即効性を発揮します。

 

genarog

メジャーな塗り薬はケナログ

アフタゾロンです。

 

炎症や痛みも抑えることができるので

頻繁に口内炎に悩まさられる方は

常備しておきたいです。

 

ただ、使い方を間違えると副作用を

引き起こしたり、逆効果となるので

説明書の注意書きをよく読んでから

使用しましょう。

 

また、口の中が菌だらけの時に

使っても意味ないので、歯磨き後や

うがい薬で口の中を消毒してから

塗り薬を塗りましょう。

 

■ 刺激を与えないようにする

口内炎に触れたり、歯ブラシで

擦ってしまうと傷が広がり

症状が悪化する恐れがあります。

 

極力口内炎には触れないように

気をつけましょう。

食事中に噛んでしまいそうな場合は

焦らずゆっくり噛むと良いです。

 

また、辛い食べ物、熱い食べ物

アルコール類、タバコなど

刺激が大きい物は控えましょう。

 

■ ビタミンを取る

口内炎は栄養不足によっても

引き起こされるので、栄養をしっかりと

補給することも重要です。

 

特に、ビタミンには肌や粘膜の再生、

免疫力の強化、新陳代謝の改善といった

作用があるので、口内炎にはビタミンの

補給が重要となります。

 

口内炎予防に役立つ主なビタミンは、

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンA

の4つです。

それぞれ多く含まれている食べ物を

まとめると

  • ビタミンB2
レバー類 うなぎ
かも すじこ
魚肉ソーセージ さば
いくら たらこ
納豆 まいたけ
たまご うに
モロヘイヤ いわし
牛乳 チーズ
  • ビタミンB6
にんにく バナナ
大豆 マグロ
いわし かつお
さんま
レバー類 キャベツ
たまご じゃがいも
  • ビタミンC
イチゴ オレンジ
レモン ブロッコリー
赤ピーマン アスパラガス
ほうれん草 メロン
トマト 小松菜
  • ビタミンA
レバー類 うなぎ
のり にんじん
しそ かぼちゃ
モロヘイヤ 牛乳
バター パセリ

となっているので、ビタミンも

忘れずに補給するようにしたいです。

 

■ 病院で治療を受ける

すぐにでも口内炎を治したい方は

病院で治療を受けるのが望ましです。

口内炎の治療にはレーザー治療

行われるのが一般的です。

 

1回の治療時間も短く、その効果と

即効性は高いですが保険適用外なので

病院によって料金が違います。

 

大体1回1000円前後、

高くても3000円程が相場です。

 

どうしても急いで治したい方や

あまりに症状がひどく痛むなら

病院で治療を受けた方が良いです。

 

口内炎の予防方法

■ ストレスや疲労の回復し免疫力を高める

口内炎の原因として最も多いのは

ストレスや疲労、栄養不足など

免疫力の低下によって

発生する口内炎です。

 

普段から口の粘膜には小さな傷が

発生しますが、その傷にばい菌が

付着し免疫力が低下していると

炎症が起こってしまいます。

 

そのため規則正しい生活習慣や

バランスの取れた食事など、日頃から

免疫力を落とさないよう意識することも

非常に重要です。

 

特に、ビタミンB2は粘膜の修復効果

ビタミンCは細菌に対する抵抗力を

高める効果があるので、これら栄養素を

含んでいる食べ物は積極的に取り入れると

効果的です。

 

代表的な食べ物はレバーやいわし

牛乳などが上げられます。

 

免疫力を極力落とさないように

することにより、結果として

口内炎の予防にも繋がります。

 

■ 口内環境を整える

口内炎は傷口にばい菌が

付着することで発生します。

 

そのため、口の中の菌自体を

減せば口内炎予防に繋がります。

 

食後は歯を磨いたり、最低限

うがいだけでも良いので

口の中を綺麗にしましょう。

 

歯磨きをする際は粘膜を

傷つけないように。

 

また、口の中が乾燥していると

粘膜の免疫力が低下するので

適度に水分補給をしたり

あめやガムを噛んで唾液を

分泌させるのも効果的です。

 

■ まとめ:基本的には日頃からの心がけで対策できる

このように口内炎は日々の

ちょっとした心がけで原因の

多くは予防できます。

  • ストレスを溜め込まないこと
  • 日々、お口のケアを怠らないこと

この2つを心がけると口内炎を

最小限度に防ぐことができます。

 

 

今ある口内炎を治すのであれば

  • 塗り薬を使う
  • 口内炎に触らない
  • ビタミンを取る
  • 病院で治療を受ける

の4つを意識しましょう。

特に、症状がひどい場合には

早めに病院で治療を受けることを

オススメします。

 

以上、参考になれば幸いです。