話し相手に知らずと不快感を

与えてしまう口臭

 

特に、人と接する機会が多い方に

とって、口臭は死活問題ですよね。

 

実は口臭の対策は比較的簡単で

普段からちょっと気をつけていれば

十分対策することができます。

 

今回は、この口臭を極力抑えるために

できる対策について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 何が原因なのかを知る

口臭は一体何が原因なのか?意外と知らない2つの原因とは?

こちらで詳細を紹介していますが

口臭には、主に病的な口臭と

生理的な口臭の2種類があります。

 

基本的に普段から自分で

対策できるのは生理的口臭です。

 

病的な口臭の場合はその原因と

なっている病気を治すことが

口臭対策なります。

 

病的な口臭の原因で最も多いのは

虫歯と歯周病でこれらを治療しない

限りはどんなに口臭対策をしても

殆ど意味がありません。

 

一時的な口臭ではなく慢性的に

口臭が気になる方は病的な口臭の

場合もあるので一度歯科医院で

検査を受けることをオススメします。

スポンサーリンク

■ 生理的口臭の治し方

■ 口内をできるだけ清潔に

基本中の基本ですが歯磨きを

こまめに行うことで

口の中が清潔に保たれ

口臭を防ぐことができます。

 

特に食後、口の中に食べかすが

残っているとその食べかすを

食べる細菌がガスを発生させ

口臭が発生します。

 

食後に、食べかすを取り除くことで

口臭の発生を防げます。

 

ただ、食後すぐに歯を磨くと歯を

削ってしまうこともあるので

食後すぐはうがいで口の中を

きれいにするのが良いです。

【30分後が良いの?】食後の歯磨きをするタイミングとは?

 

歯磨きをするならできるだけ

軽い力で磨くようにしましょう。

 

お菓子などを食べた後に

うがいをして食べかすを

洗い流すことも重要です。

 

■ 口の中を乾燥させない

唾液には強い抗菌作用が有り

口臭対策だけでなく虫歯予防にも

繋がる重要なものです。

 

唾液が減ると口臭が発生するため

口臭が気になる方は口の中に

唾液を多く分泌させることでも

口臭対策になります。

 

特に、起床後や空腹時、

緊張している時などは唾液の

分泌量が減ると言われています。

 

また、言い換えれば口の中が

乾燥すると口臭が発生するとも

言えます。

 

そのため適度に水分を

補給することだけでも

口臭対策には十分繋がります。

 

他にも、お茶を飲んだり

ガムを噛む、飴を舐める、

酸っぱい物を食べるなど

できる限り唾液を多く分泌させて

口臭を防ぎましょう、

 

■ ストレスを溜め込まない

口臭はストレスによっても

発生すると言われています。

 

上記に書いた通りに唾液の分泌量が

減るだけでなく自律神経の働きが

乱れるため、消化不良や便秘などに

繋がります。

 

胃の不調から口臭が発生することも

あるため過度なストレスを溜め込む

ことは口臭の原因となります。

 

適度にリラックスしたり

運動をするなど自分なりの

ストレス解消法を見つけ出して

ストレスもしっかり

コントロールしましょう。

 

ただし、タバコは逆に自律神経を

興奮させてしまうので

ストレス解消には向いていないです。

勘違いしやすいので注意しましょう。

 

■ まとめ:ちょっと気をつければ対策できる

このように生理的な口臭は

唾液の分泌量が減った時など

一時的な口臭なので口の中の

状態を理解していれば対策も

比較的容易にできます。

 

こまめな水分補給や歯磨きは

普段からのちょっとした

心がけで十分行えることです。

 

しっかり口内の環境やストレスを

コントロールして口臭を

できる限り抑えましょう。

以上、参考になれば幸いです。

口臭にも繋がる!?ドライマウスの原因は一体何?

スポンサーリンク