あなたは、人と会話している時に

口臭が気になることはありませんか?

 

口臭を自覚することは難しく

気がつかないことも多いため

知らないうちに他人に不快感を

持たれてしまう恐れがあります。

 

今回は、そんな口臭の原因と

対処法について分かりやすく

解説していきます。

口臭の原因

本来、口の臭いというのは誰でも

あるものですが、普段は唾液の

抗菌作用が臭いを防いでいるため

強い臭いは発生しません。

 

しかし、食事などで口の中に

食べかすが残るとその食べかすに

細菌が繁殖し、臭いの元となる

ガスを発生させます。

 

根本的な原因は口の中で発生する

細菌ですが、その原因にも大きく

分けて2つのパターンがあります。

 

■ 生理的口臭

生理的口臭は、起床後や空腹時、

緊張時など唾液の分泌量が減った

場合に発生する自然な口臭のことを

指します。

 

治療の必要性も特になく、

口臭が一時的というのが特徴で

生活習慣やちょっとした工夫で

口臭を改善・予防できます。

 

歯磨きで細菌を減らしたり、

こまめに水分を補給して口内の

乾燥を防ぐ、適度にストレスを

解消するといった方法で口臭を

改善できます。

 

言わば、誰にでも起こり得る

一時的な口臭なので、生理的口臭の

場合には、普段の食事や生活習慣に

気をつければ比較的簡単に改善

及び予防できる口臭です。

 

■ 病的口臭

病的な口臭というのは

その名の通りに病的なことが

原因で発生している口臭です。

 

病的口臭の90%以上は

口の中に原因があると言われ

最も口臭の原因となりやすいのは

大きい虫歯または歯周病です。

 

虫歯や歯周病になっていると

穴や歯茎の隙間に食べかすや歯垢が

詰まるため、細菌も溜まりやすく

口臭の原因となります。

 

特に、虫歯は独特の臭いを

持っているので虫歯が大きくなると

臭いも強くなる恐れがあります。

 

また、親知らずが曲がって

生えている場合も、歯ブラシが

行き届きにくい所に食べかすが

挟まるため、それが口臭の原因に

繋がる場合もあります。

 

他にも、呼吸器系の病気だったり

舌苔(ぜったい)ができていたり

胃腸の病気などが関係している

こともあります。

※舌苔に関しては「口臭に繋がる舌苔とは一体何?その原因とは」も参考に

 

病的口臭の場合は、その原因と

なっている病気を治療することで

口臭も治すことができます。

 

虫歯や歯周病が悪化する前に

病院へ行き、治療を受けるのが

最も確実です。

 

口臭の治し方

■ 口内をできるだけ清潔に保つ

口臭の最も基本となる対処法は

口の中をきれいに保つことであり、

そのためにまず重要になるのは

正しい歯磨きです。

 

毎日、正しい方法でしっかりと

歯磨きを行っていれば、口臭の

原因となるガスの発生を

防ぐことができます。

 

また、虫歯や歯周病を防ぎ

病的口臭を防ぐこともできるため

歯磨きは口臭予防・改善ともに

非常に重要なことです。

参考記事:「【奥歯は要注意】歯の正しい磨き方はこれ!

 

歯磨きができない時には、

軽くうがいをして口の中に残った

食べかすを洗い流すと効果的です。

 

食べかすが残ったままだと

口内に潜む細菌によって口臭の

原因であるガスを発生させるため

食後は食べかすが残らないよう、

忘れずにうがいをしましょう。

 

■ 口の中を乾燥させない

唾液には強い抗菌作用が有るため

口臭対策だけでなく虫歯予防にも

繋がる重要な分泌物です。

 

唾液が減ると、細菌が増加し

口臭が発生する原因となるので

唾液を多く分泌させることも

口臭対策になります。

 

特に、起床後や空腹時、

緊張している時などは唾液の

分泌量も大きく減少するため、

臭いも強烈になります。

 

口内の乾燥を防ぐためには、

適度に水分を補給すること

大事です。

朝起きたらコップ一杯の水を飲む

という水分補給だけでも

十分、口臭対策となります。

 

唾液でなくても、口の中が

潤っていれば口臭を防げるので

まずは水分を補給しましょう。

 

他にも、

  • お茶を飲む
  • ガムを噛む
  • 飴を舐める
  • 酸っぱい物を食べる

といった形で唾液の分泌を

促進させるのも効果的です。

 

■ ストレスを溜め込まない

口臭はストレスによっても

発生する場合があります。

 

上記に書いた通りに、極度に

緊張すると唾液の分泌量が

減るため、ストレスは口臭の

原因の1つとされています。

 

また、自律神経も乱れるので

消化不良や便秘といった、口臭とは

また異なった諸症状を引き起こす

恐れもあります。

 

適度にリラックスしたり、

運動をするなど、自分なりの

ストレス解消法を見つけ出して

ストレスを溜め込まないように

注意しましょう。

 

ただし、ストレス解消のために

タバコを吸うのは控えた方が

良いです。

 

タバコに含まれるニコチンによって

自律神経を興奮させてしまうため

タバコは逆効果となります。

 

まとめ:ちょっと意識を変えれば簡単に予防できる

口臭の原因には、唾液の分泌量の

変化によって起こる生理的口臭と

虫歯や歯周病が原因で起こる

病的口臭の2つがあるので、口臭が

気になる場合には、まず口の中の

健康状態を確認しましょう。

 

特に、病的口臭は放置していると

口臭がキツくなるだけでなく

状態が悪化して、他の歯にも

悪影響を及ぼす危険があるので

早急に対処した方が良いです。

 

口臭予防は、こまめな水分補給や

丁寧な歯磨きなど、ちょっと意識を

変えればできることばかりなので

まずはこれらの対処法から

口臭予防を始めていきましょう。