【白目に赤い斑点が!】充血とは違う結膜下出血の原因とは?

皆さんは、目の白い部分に

真っ赤な斑点ができたことは

あるでしょうか。

この充血とよく似た赤い斑点は

結膜下出血と言われています。

時に、白目全体がべったりと真っ赤に

染まっているので、何かの病気なのかと

非常に心配になりますが意外にも

誰でも起こりうる病気です。

今回は、この赤い斑点が出る

結膜下出血について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 結膜下出血とは

結膜下出血とは、白目の部分の

結膜の下にある毛細血管が

破け出血している状態です。

充血との違いは出血しているのか

血管が拡張しているかの違いです。

充血の場合は毛細血管が拡張した

状態であり、血管の線がはっきりと

現れるのに対して、出血の場合は

血液が流れ出ているだけなので

毛細血管は目立ちません。

また基本的に深刻な病気が関係している

ということは、あまりなく誰にでも

起こりうる病気と言われています。

(簡単に言ってしまえば

目のケガのようなものです。)

出血してはいますが痛みを伴うことは

殆どないため、人に言われたり

鏡を見るまで気がつきません。

■ 結膜下出血の原因とは

目の結膜の毛細血管は非常に繊細で

外部からの衝撃に弱いです。

そのため、運動中に頭にボールを

ぶつけたり、目を擦るなどの

ちょっとした衝撃で毛細血管が破れ

出血することがあります。

基本的に結膜下出血の原因は

外部からの衝撃によるものです。

また、くしゃみや咳の反動でも

出血する場合があるそうです。

しかし、特に外傷もないのに

赤くなったり、痛みを伴う、

何度も繰り返して出血するという

場合には別の病気が関係している

可能性もあります。

特に、痛みやかゆみがある場合は

結膜炎などの症状が原因とも

言われています。

素人が見ただけでは細かな

病気までは判別できないので

原因が複数ある可能性もないとは

言い切れません。

それら以外にも

  • ダイビングなどによる圧力の変化
  • 水中メガネの締めすぎ
  • 飲酒
  • 体調不良
  • 月経時
  • 糖尿病や高血圧などの全身的疾患

などが関係していることも

あると言われていますが

明確に原因を特定するには

専門医による検査が必要です。

スポンサーリンク

■ 結膜下出血の治療法

結膜下出血は突発性の出血が

殆どであり、一般的に軽度であれば

1週間から2週間程度で自然に治る

言われています。

出血しても自然と体内に

吸収されていくので、特別なにか

治療を行う必要はありません。

目をやたらに擦ったりせず

清潔な状態を保ち、自然に治るのを

待ちましょう。

ただ、出血の状態によっては

1ヶ月~2ヶ月程かかる場合もあります。

軽度なら病院へ行かなくても

問題ないですが、何度も繰り返して

赤くなる場合は眼科で検査を

受ける方が良いです。

特に、強い衝撃を受け眼球の内部も

出血している場合は、重症なので

早急に病院へ行く必要があります。

主に

  • 強い衝撃を受けて出血した
  • 何度も繰り返して出血する
  • 目に痛みを伴う
  • 視界がぼやけたり、視力が低下する

などの異変がある場合には

一度病院で診てもらった方が良いです。

■ まとめ:何度も出血するようなら病気へ

基本的に結膜下出血は深刻な

病気ではなく、外的な影響によって

突発的に発生する出血です。

自然に治るので下手に擦ったりせず

目を清潔に保ちましょう。

何度も出血したり、痛みや視界が

ぼやけるなどの、気になる症状が

出るようなら、早めに眼科で検査を

受けることをオススメします。

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加