【何歳から?】子供の内に歯を矯正するメリットとデメリットとは

kyouseiitu

歯科矯正は子供のときから

できますが、実際に何歳から

矯正を始めたら良いか

分からず悩んでいる方も

居られると思います。

確かに矯正をするタイミングは

お子さんの歯やあごの成長具合に

よっても異なりますが

おおよその目安はあります。

今回は、矯正は何歳頃から

始めるのが良いのか

そのメリットやデメリットも

含めて解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ いつ矯正を始めるのが良いか

いつから矯正を始めるのが

良いかは患者の歯の状態にも

左右されますが、一般的には、

乳歯から永久歯に生え変わる時

矯正を始めのが良いと言われています。

おおよそ7歳頃から

永久歯に生え変わり始め

12歳~13歳頃までには

全ての歯が永久歯になると

言われています。

永久歯がなかなか生えてこない場合はこちらの記事も参考に

ただ、あまりに早期に矯正を行うと

子供にとって過剰なストレスや

トラウマなど大きな負担を

与えてしまう恐れがあります。

逆に、永久歯が完全に

生え変わってしまった後では

歯根が骨としっかり固定されるので

歯を動かすには時間がかかります。

そのため永久歯が完全に生え変わる

前の段階までに矯正を行うことで

歯の成長に合わせた矯正ができ

自然な歯並びにすることできます。

成長過程にある顎はある程度

拡大することもでき

永久歯を抜歯せずに済みます。

また、矯正後に歯並びが

逆戻りするリスクも低くなります。

■ 子供に使う矯正装置はなに?

kyoseisout

子供の歯を矯正する際は

ワイヤー矯正ではなく

取り外し式の床矯正装置

使うことが多いです。

ただ、歯の成長具合によっては

ワイヤーによる矯正が

必要となる場合もあるので

必ずこの装置を使うとは

言い切れません。

また、出っ歯気味の患者さんは

ヘッドギアという装置を

付けることもあります。

【子供の矯正装置?】歯列矯正で使うヘッドギアとは一体何?

(詳しくはこちらを参考に)

■ 子供が矯正を行うデメリット

取り外し式の床矯正装置の場合

ワイヤー矯正に比べて多少は負担が

小さいですが、しっかり日常的に

装着しないと歯が動いてくれません。

大人の矯正は精神的にも

安定しているので痛み等も

我慢することができます。

しかし、子供の矯正の場合は

装置を付けるのを嫌がる

子も少なくありません。

そのためお子さん本人の

協力がなければ矯正も

上手くいきません。

また、普段から正しい歯磨きの

習慣が身についていないと

虫歯や歯周病などの病気になり

計画通りに矯正が進められない

ことも考えれます。

上手くいかなければ矯正の

やり直しということもあり

余計な出費となります。

保護者のサポートはもちろんのこと

矯正装置を付けるお子さん

本人の意思も考慮した上で

矯正を行いましょう。

ちなみに、私自身矯正を

始めたのは19歳の時でした。

その頃は、かなり歯並びが悪い状態に

ありましたが、矯正に対する覚悟は

できていたのでスムーズに矯正を

進めることができました。

何が言いたいかというと

ある程度大人になってからでも

決して遅くはないということです。

本人の気持ちも十分に考慮した上で

矯正を行うかの判断をしましょう。

■ まとめ:矯正は歯が生え変わり始めたら考えると良い

このように子供のうちに

矯正をすることは、生涯健康的な

歯並びを維持するのに

非常に重要なことでもあります。

装置を付けるお子さんも大変だと

思いますが、長い目で見れば

メリットは非常に大きいので

できるだけ矯正をしておきたいです。

ただ、あまりに早すぎるのも

子供に負担となってしまうので

理想としては歯が生え変わる12歳頃に

一度、矯正の相談をすると良いですね。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加