歯の矯正で理想的な歯並びを

維持・固定するために付ける

リテーナー

 

このリテーナーは歯科矯正の仕上げとも

言える非常に重要な装置であり、

リテーナーの装着を怠ると、今までの

苦労が台無しになってしまいます。

 

今回は、このリテーナーを付ける理由と

その期間について解説していきます。

■ なぜリテーナーを付けるのか

リテーナーはワイヤーとは違い

歯を動かす装置ではなく

矯正によって動かした歯が

元に戻らないようにするために

付ける装置です。

 

歯が動いた直後、歯の周りの

骨(歯槽骨)はまだ固まっておらず

不安定な状態となっています。

 

この時にリテーナーで固定しないと

歯は元の位置に戻ろうとします。

 

よくリテーナーを付け忘れたことが

原因で、再度矯正が必要になってしまう

悲しい事例もありますよね。

 

長い時間と苦労をかけて綺麗な歯並びを

手に入れたのに、元に戻ってしまったら

今まで矯正に費やした努力は全て無駄に

なってしまいます。

 

ワイヤーが外れるまでが矯正ではなく

リテーナーでしっかりと歯を固定して

ようやく矯正が完了するのです。

 

ちなみに、リテーナを正しく装着しても

自然な噛み合わせに適応するために

僅かに動くことがあり、完全に固定する

訳ではありません。

■ リテーナーを装備する期間は?

リテーナーを付ける期間は

一般的には1~2年程、長い人で

3年程かかります。

 

歯槽骨が安定してくるのが早くて

1年程と言われているので、ワイヤーを

外しても1年ほどはリテーナーの装着が

必要になります。

 

もちろん、患者によって装着する期間に

違いはありますが、最低でも1年以上は

かかるとみた方が良いです。

 

また、リテーナーを付けた後も定期的に

通院して、装置の点検や調整、歯並びの

状態の確認などを行います。

極端な話、リテーナーも今までの矯正と

ほぼ同じ過程であると思っておいた方が

良いでしょう。

 

もし、リテーナーを付ける際に

キツかったり、強い痛みを伴う場合は

すぐに担当の医師に見てもらって

歯や装置に異常が無いか確認する

必要があります。

 

さらに、リテーナーを外しても良いと

言われた後も、定期的に装着することで

 

後戻りを防ぐことができます。

後戻りが心配な方はリテーナー期間が

終わった後も、時間のある時に付けると

良いでしょう。

■ リテーナーが合わなくなったら

訳あって、リテーナーをつけ忘れてしまい

後戻りしてしまった場合、歯並びの状態

次第ではワイヤー矯正からやり直すことも

あります。

 

しかし、後戻りの程度がわずかであれば

リテーナーを調整することで対処できる

場合もあるので、とにかく早めに病院で

見てもらうことが重要です。

 

もし、使っていたリテーナーが

合わなくなったり、装着時に強い圧迫感を

感じるような場合には、早めに担当医に

見てもらうことをオススメします。

 

■ まとめ:最低1~2年以上は付ける必要がある

リテーナーは、基本的に1年~3年ほどの

長い間つける必要があります。

一生付けるようなものでもありませんが

後戻り防ぐなら、できるだけ長い間

装着しておいた方が良いです。

 

確かに装置による違和感や装置の手入れは

とても面倒ですが、ここまで矯正を

続けてこれた方ならリテーナーも正しく

使えるかと思います。

 

何年もの苦労して手に入れた歯並びを

維持するためにも、正しくリテーナーを

装着するようにしましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。