歯の矯正で理想的な歯並びを

維持・固定するために付ける

リテーナー

 

このリテーナーは歯科矯正の

締めとも言える非常に重要な

装置でもあります。

 

今回は、このリテーナーを

付ける理由とその期間について

解説していきます。

スポンサーリンク

■ なぜリテーナーを付けるのか

リテーナーはワイヤーとは違い

歯を動かす装置ではなく

矯正によって動かした歯が

元に戻らないようにするために

付ける装置です。

 

歯が動いた直後の歯の周りの

骨(歯槽骨)はまだ固まっておらず

不安定な状態となっています。

 

この時にリテーナーで固定しないと

歯は元の位置に戻ろうとします。

 

よくリテーナーを付け忘れたのが

原因で再度矯正をやらなくては

ならないという事例もありますよね。

 

長い時間と苦労をかけて

歯並びを手に入れたのに

元に戻ってしまったら

全てが無駄となってしまいます。

 

ただ、リテーナをちゃんと

装着しても自然な噛み合わせに

適応するために僅かに動くことが

あるようなので完全に動かないよう

固定する訳ではないです。

スポンサーリンク

■ リテーナーを装備する期間は?

リテーナーを付ける期間は

一般的には1~2年程

長い人で3年程かかると

言われています。

 

歯槽骨が安定してくるのが

早くて1年程と言われているので

どうしてもこれぐらい

期間がかかってしまいます。

 

もちろん、患者によって

どのくらい付けるべきかは

変わることもあります。

 

リテーナーを付けたあとも

定期的に通院して装置の点検や

歯並びの状態の確認をし

変化がないか様子を見ます。

 

もし、リテーナーを付ける際に

キツかったり、痛い場合は

すぐに医師に見てもらい

歯の状態が変化していないか

確認する必要があります。

 

また、リテーナーを外しても良いと

言われた後も装着していても

ちゃんと装着できるようなら

特に問題ないです。

 

後戻りが心配な方はその後も

付けておくと良いでしょう。

 

ちなみにリテーナーにも

いくつかの種類がありますが

どれもリテーナー期間には

大差はありません。

 

見た目の問題となるので

そこは患者の生活スタイルに

合うものを選ぶと良いです。

 

■ まとめ:最低1~2年以上は付ける必要がある

リテーナーは一生ずっと

付けなくてはいけないという

物ではありませんが

後戻り防ぐなら長い間

装着しておいた方が良いです。

 

確かに装置による違和感や

装置の手入れは面倒ですが

ここまで矯正を続けてこれた

方なら大丈夫だと思います。

 

苦労して手に入れた

歯並びを維持するためにも

リテーナーを付けるのも

疎かにしないようにしましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク