外部からの衝撃によって

最も折れる危険性が高い

所にある前歯。

 

実は私自身も過去に前歯を

折ったことがあります。笑

 

前歯が折れたり欠けたりした場合

その程度によって

治療の方法も変わってきます。

 

今回は、この前歯が折れた時の

治療法について解説していきます。

■ 前歯の一部がか欠けた場合(歯冠破折)

歯がほんの少しだけ欠けてしまった

という場合には虫歯治療でお馴染み

コンポジットレジン(インレー)

使ってその部分を修復します。

歯科のインレーとは一体何なのか?その種類や費用は?

 

コンポジットレジンは保険適応

治療なので費用負担も少ないのが

特徴です。

 

ただ、レジンは長期間使用していると

変色したり、劣化することが

あるので見た目が悪くなる

ことがあります。

 

また、他の治療法として

ラミネートベニアという治療法もあり

こちらは保険が適用されない分

見た目が良いのが特徴です。

 

ラミネートベニアは歯の表面を

少し削り、セラミックを接着する

ことで修復する治療法です。

 

ただ、2つの治療法に共通するのは

過度な負担には耐えられないという

欠点があります。

 

どちらにしても治療後は

前歯の扱いには気をつけましょう。

■ 歯根まで大きく折れた場合(歯根破折)

こちらは損傷が大きく歯根の

一部分まで折れてしまった場合です。

 

上記2つの治療法では治療できる

部分にも限界があるので

セラミッククラウンという方法で

治療を行うことが多いです。

 

ある程度歯冠が残っている場合は

その部分を土台として使い

その上からセラミックを被せて

治療を行います。

 

また、大きく歯根部分まで

破損している場合は破損部分の

神経を除去して綺麗にし

そこにセラミックを被せるための

土台を作ります。

 

どちらにしてもセラミック製の

歯冠を付けるので見た目は

かなり綺麗で自然な歯と

殆ど同じように見えます。

 

欠点は保険適応外ということと

損傷の状態によっては神経を

取る必要があるという点です。

 

■ 歯が抜けてしまった場合

外部からの衝撃が大きいと

前歯が抜けてしまうこともあります。

 

私自身はまさに歯が抜けかかった

状態になったことがあり

神経を取ったあと元に戻し

実質差し歯という形になりました。

 

一度大きく歯が動いてしまうと

神経から切り離されてしまうので

そのまま元の状態に戻しても

神経が修復されることは少ないと

当時の医師は言っていました。

 

完全に歯が抜けてしまった場合は

差し歯、入れ歯、ブリッジ、

そしてインプラントという

選択肢があります。

 

歯科のインプラントって一体何?そのメリット・デメリットとは?

インプラントは強度面では

最高ですが費用もかかります。

 

それぞれメリット・デメリットが

あるので自分に合う治療法を

選択しましょう。

 

■ まとめ:完全に抜けなければ修復は可能

前歯はとにかく常日頃折れる

危険性が高いといえる部分なので

何らかのトラブルで前歯を

折ってしまうこともあるでしょう。

 

ただ、完全に抜けたりしない限りは

土台を作った上にセラミックの

被せものをするなど処置ができます。

 

大きく損傷した前歯の治療は

保険適応外の治療が殆どなので

その点は十分注意しましょう。

 

折らないことが第一ですが

万が一折ってしまった時には

このような治療があるのだと

頭の片隅に入れておくと良いですね。

 

もちろん、歯が欠けてしまった際は

すぐに歯医者へ行きましょう。

そのまま放置しておくと炎症や

知覚過敏にもなるので・・・。

 

以上、参考になれば幸いです。