爪が丸く巻いてしまう

状態のことを指す巻き爪

 

放っておくと爪が食い込んでいき

激痛を伴うこともある厄介な状態です。

 

今回は、この巻き爪の原因や

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 巻き爪とは

巻き爪とはその名前の通りに

爪が巻いている状態で

悪化すると「の」字のような形に

なってしまいます。

 

主に、足の親指の爪にできる

ことが多いのが特徴です。

 

食い込みがひどくなると

歩行するだけでも強い痛みを

伴うことがあります。

 

■ 巻き爪の原因

  • 深爪

爪を切りすぎて深爪になると

巻き爪になりやすくなります。

 

特に、爪の側面まできっちり

切ってしまうと、歩行の際に爪にかかる

負荷が一部分に偏るため、爪が変形する

原因となります。

 

先端の指の肉よりも内側まで

切らないようにしましょう。

【足の爪は要注意】爪の正しい切り方とは?爪切りのコツを解説!

 

また、爪を切る以外にも

外部からの衝撃によって

深爪になることもあります。

 

  • 先端が狭い靴を履く

これも深爪と同様に巻き爪に

なりやすい原因の1つです。

 

先端が狭い靴を履くと足の爪は

側面から大きな負荷がかかります。

 

特に、女性の方はハイヒールや

パンプスなどをよく履くため

巻き爪になる危険も高いです。

 

男性でも先端が狭い革靴など

足の大きさに合わない靴を

履いていると巻き爪になる

可能性はあります。

 

先端が狭い靴は必ず

自分の足に合った物を使って

長期間継続しての使用は

できる限り避けたいです。

スポンサーリンク

  • 普段から歩行する機会が少ない

実は、歩かない人ほど巻き爪に

なりやすいというデータもあります。

 

これは、爪に何も負担がかからない

状態が続くと、爪は自然と内側へと

曲がっていく性質があるためであり、

歩行・運動不足が原因です。

 

歩行や運動によって足の爪には、

下からの圧力がかかり、爪は自然と外側に

広がろうとするので、適度な運動が

できていれば、巻き爪を防ぐことが

できます。

 

また、姿勢が悪いと重心がずれるため

足の爪に均等に圧力がかからず、

これも巻き爪になる原因の1つです。

 

そのため、歩行しなくなる

また、歩き方や姿勢が悪いと爪は次第に

湾曲していき巻き爪になってしまう

危険があるのです。

 

特に、日常的に運動する機会が少ない

人や寝たきりの高齢者に多い原因であり

高齢車の場合には、下記の加齢とも

関係しています。

 

  • 加齢

爪は年齢を重ねるうちに

次第に分厚くなってきます。

 

また、爪全体まで水分が

行き届きにくくなるので爪が乾燥し

硬くなります。

 

爪は乾燥すると縮んでしまうので

次第に曲がっていきその影響で

爪が巻いてしまうのです。

 

  • 遺伝も原因

人によっては巻き爪に

なりやすいこともあります。

 

特に、両親に巻き爪となっている方が

居る場合は、子供に遺伝して

巻き爪になることがあるそうです。

 

ただ、あくまでも「なりやすい」

だけなので、そこまで心配になる

必要はないでしょう。

それよりも深爪や靴の影響の方が

怖いです。

 

■ 巻き爪の治療法

巻き爪の治療法はその巻き爪の

重症度によっても違います。

 

軽度の巻き爪の場合には

食い込んでいる側面の爪を

ワイヤーなどで引っ張ることで

少しずつ元の平の形に戻す方法が

一般的です。

 

重度の食い込みが強い場合には

手術でくい込んだ爪を切除し

ワイヤーで再度爪を元の状態に

戻す方法もあります。

 

ただ、どの程度にせよ

巻き爪になってしまった場合には

皮膚科や整形外科で早めに

治療を受け悪化を防ぎましょう。

 

自力で治す方法もあるようですが

下手にいじると逆に悪化することも

あるので、できるかぎり病院で治療を

受けることをオススメします。

(早期の治療程、負担も小さいので)

 

■ まとめ:早めに病院で治療受けるのが確実

巻き爪は放っておくと

次第に強く食い込むことになり

治療も難しくなります。

 

原因は数多いですが日常的に

予防できるところはあるので

できる限り対策をしておくと

良いでしょう。

 

もし巻き爪になってしまったら

早めに病院で治療を受けることを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

 

【巻き爪とは微妙に違う】陥入爪の原因やその治療方法とは?

(こちらも関連しています。)

スポンサーリンク