【歩き方も原因?】巻き爪とは何か?その原因や治療法とは?

b0d407578d0c7369077812f7752488af_s

爪が丸く巻いてしまう

状態のことを指す巻き爪

放っておくと爪が食い込んでいき

激痛を伴うこともある厄介な状態です。

今回は、この巻き爪の原因や

治療法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 巻き爪とは

巻き爪とはその名前の通りに

爪が巻いている状態で

悪化すると「の」字のような形に

なってしまいます。

主に、足の親指の爪にできる

ことが多いのが特徴です。

食い込みがひどくなると

歩行するだけでも強い痛みを

伴うことがあります。

■ 巻き爪の原因

  • 深爪

爪を切りすぎて深爪になると

巻き爪になりやすくなります。

特に、爪の側面まできっちり

切ってしまうと歩行の際に

その部分に大きな負担がかかります。

先端の指の肉よりも内側まで

切らないようにしましょう。

【足の爪は要注意】爪の正しい切り方とは?爪切りのコツを解説!

また、爪を切る以外にも

外部からの衝撃によって

深爪になることもあります。

  • 先端が狭い靴を履く

これも深爪と同様に巻き爪に

なりやすい原因の1つです。

先端が狭い靴を履くと足の爪は

側面から大きな負荷がかかります。

特に、女性の方はハイヒールや

パンプスなどをよく履くため

巻き爪になる危険も高いです。

男性でも先端が狭い革靴など

足の大きさに合わない靴を

履いていると巻き爪になる

可能性はあります。

先端が狭い靴は必ず

自分の足に合った物を使って

長期間継続しての使用は

できる限り避けたいです。

スポンサーリンク

  • 普段から歩行する機会が少ない

実は、歩かない人ほど巻き爪に

なりやすいという研究結果も

出ていると言われています。

歩行によって足の爪には

下からの圧力がかかるので

爪は外側に広がります。

また、姿勢が悪いと重心がずれ

足の爪に圧力がかからないので

巻き爪になりやすいです。

そのため、歩行しなくなる

また歩き方や姿勢が悪いと

爪は次第に湾曲していき

巻き爪になることがあります。

特に、寝たきりの高齢者に

多く見られると言われており

下記の加齢とも関係しています。

  • 加齢

爪は年齢を重ねるうちに

次第に分厚くなってきます。

また、爪全体まで水分が

行き届きにくくなるので

乾燥し、硬くなります。

爪は乾燥すると縮んでしまうので

次第に曲がっていきその影響で

爪が巻いてしまいます。

  • 遺伝も原因

人によっては巻き爪に

なりやすいこともあります。

特に、両親に巻き爪となっている方が

居る場合は、子供に遺伝して

巻き爪になることがあるそうです。

ただ、あくまでも「なりやすい」

だけなので、そこまで心配になる

必要はないでしょう。

(それよりも深爪や靴の影響の方が

怖いです。)

■ 巻き爪の治療法

巻き爪の治療法はその巻き爪の

重症度によっても違います。

軽度の巻き爪の場合には

食い込んでいる側面の爪を

ワイヤーなどで引っ張ることで

少しずつ元の平の形に戻す方法が

一般的です。

重度の食い込みが強い場合には

手術でくい込んだ爪を切除し

ワイヤーで再度爪を元の状態に

戻す方法もあります。

ただ、どの程度にせよ

巻き爪になってしまった場合には

皮膚科や整形外科で早めに

治療を受け悪化を防ぎましょう。

自力で治す方法もあるようですが

下手にいじると逆に悪化することも

あるので、できるかぎり病院で治療を

受けることをオススメします。

(早期の治療程、負担も小さいので)

■ まとめ:早めに病院で治療受けるのが確実

巻き爪は放っておくと

次第に強く食い込むことになり

治療も難しくなります。

原因は数多いですが日常的に

予防できるところはあるので

できる限り対策をしておくと

良いでしょう。

もし巻き爪になってしまったら

早めに病院で治療を受けることを

オススメします。

以上、参考になれば幸いです。

【巻き爪とは微妙に違う】陥入爪の原因やその治療方法とは?

(こちらも関連しています。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加