顔やお尻にできたニキビが何故か

治らない又は、長い間、しこりのような

できものが繰り返し発生する場合は

それはニキビではなく慢性膿皮症

(まんせいのうひしょう)の

可能性があります。

 

毛包(毛穴)が塞がってしまい

その部分に細菌感染が発生し

異常反応を引き起こすことで

発生する皮膚の病気です。

 

今回は、この慢性膿皮症とは何か

その原因や症状、治療法について

解説していきます。

■ 慢性膿皮症とは?原因は?

慢性膿皮症は黄色ブドウ球菌と

化膿性連鎖球菌が皮膚に侵入し

細菌感染を発生させて膿を伴う

炎症を発生させることです。

 

元々、皮膚の表面にはこれらの

ウイルスが存在していますが

普段は感染することはありません。

 

しかし、免疫力が低下したときや

皮膚に傷が出来たりすると

そこから細菌が侵入し炎症を

引き起こしてしまいます。

 

ニキビと根本的に違うのは

その原因の菌であり、ニキビの場合は

アクネ菌というのが原因菌となります。

 

また、ニキビは比較的大きさも

小さく、1つのニキビが拡大

することはあまりないです。

 

慢性膿皮症は小さな炎症や膿が

いくつも発生し、さらにそれらが

融合することで拡大していきます。

 

膿の排膿が繰り返されることで

炎症部分が拡大し、その度に皮膚は

固くなり、色も黒ずんできます。

 

ニキビのような炎症が慢性的に続き

尚且つ炎症が拡大、皮膚が硬化している

場合は慢性膿皮症の可能性が高いです。

 

放置していると最悪発がんの

危険性もあるので油断できません。

 

慢性膿皮症ができやすい部分は主に

  • 肛門の周囲、尻

の2つが多く、男性に発症しやすい

皮膚の病気です。

 

肛門にできる慢性膿皮症は

臀部慢性膿皮症」とも

言われています。

■ 慢性膿皮症の症状

上記に書いたようにニキビと

症状が非常に似ています。

 

ただ、お尻にできた場合は

座ると痛かったり、重症化すると

歩くだけでも痛むことがあると

言われています。

 

また、慢性的に膿の排膿が

繰り返されると膿が悪臭

伴い出血することもあります。

 

炎症が繰り返されるので

同じ部分でニキビのような炎症が

繰り返し起こるようなら

気を付けたほうが良いでしょう。

 

■ 慢性膿皮症の治療方法

ニキビと違って膿の原因となっている

皮下組織を切除する必要があります。

また、同時に抗生物質を服用して

細菌の感染・拡大を防ぎます。

 

自然治癒で一時的に治ることも

ありますが、実際は化膿した巣が

皮下組織に残っているので

再発を繰り返していきます。

 

基本的には、外科的治療で化膿した

患部を切除して、病巣を完全に

取ることで治療します。

 

軽度の慢性膿皮症なら患部を

切除し、縫合するだけなので

治療時間も短く負担も小さいです。

 

慢性膿皮症が悪化している場合は

患部の硬くなった皮膚を皮下組織まで

くり抜いて原因となる膿巣を

取り除く必要があります。

 

早期に発見・治療をすれば

比較的簡単に治すことができる

病気なので心配な方は早めに

皮膚科で見てもらいましょう。

 

■ まとめ:ニキビとは似ているようで違う

慢性膿皮症はニキビと違い

繰り返し炎症を起こすことで

皮膚が固く黒っぽく変色し、

炎症する部分も次第に拡大する

特徴があります。

 

放っておくと治療が困難になる

恐れがあるので、これはニキビとは

違うなと感じた方は早めに皮膚科で

検査を受けることをオススメします。

 

以上、参考になれば幸いです。