【麻酔は怖くない?】歯科で使う麻酔に副作用はあるの?

tyuusya

歯科では治療による痛みを

抑えるために麻酔を使うことが

ありますよね。

特に、抜歯においては必ず

麻酔を使うことは皆さん

既知のことだと思います。

ただ、この麻酔にも副作用が

発生することがあると言われ

初めて経験する方はかなり不安に

なるのではないでしょうか。

今回は、この歯科で使われる

麻酔の種類や副作用について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ 麻酔の種類

皆さんが思う、歯科で使う麻酔の

イメージはなんでしょうか。

個人的には注射で麻酔を打つという

印象が非常に強いですが実は麻酔には

表面麻酔と注射による麻酔の

2種類があります。

表面麻酔はその名の通りに

注射を使わず歯の表面や粘膜に

ガーゼや塗り薬のような物を

塗って麻酔を行います。

表面麻酔は基本的に麻酔のための

麻酔といった感じです。

麻酔の注射が痛いのでそれを

抑えるために表面麻酔を行います。

また、歯石を取る時のクリーニング

などの際の、そこまで痛むことは

ないけれど多少の痛みを伴う治療にも

表面麻酔を使うことがあります。

そしてもうひとつの麻酔は

実際に注射を打つ麻酔です。

よく浸潤麻酔伝達麻酔と言われる

麻酔がそれにあたります。

浸潤麻酔は痛みを取る部分のみに

麻酔を打つことであり、伝達麻酔は

太い神経の近くに麻酔を打ち

広範囲に麻酔の効果をもたらす

ために行われます。

こちらは実際に注射で麻酔を

打つので表面麻酔をしていても

若干痛いですが歯の治療においては

非常に重要なことなので

頑張って耐えましょう。

麻酔注射の痛みは基本的に一瞬

後はじんわりと感覚がマヒするので

痛みもなくなりますよ。

スポンサーリンク

■ 歯科における麻酔の副作用

麻酔といえば非常に便利な反面

「気絶してしまうのでは」という

危険イメージも初めての方は

抱くと思います。

ただ、歯科における麻酔は

全身麻酔のように意識が無くなる程

大量の麻酔を使うということは

まずないので基本的に副作用が

あると言っても一時的なものです。

副作用としてよく現れるのは

  • 眠気
  • 頭痛
  • 動悸

などがあると言われています。

ただ、個人差も結構大きく

さらにはその日の体調にも左右される

ことがあるので全く副作用が

起こらないこともあります。

逆に、体調が万全でなかったり

寝不足だと、治療後数時間は

眠くなることもありえます。

また、極稀に麻酔薬アレルギーという

アレルギーもあるので過去に

歯科治療で使った麻酔が原因で

意識を失ったなどの経験のある方は

予め必ず医師と相談しましょう。

基本的に、治療後の麻酔が切れるまでの間

安静にしていれば副作用も自然と

収まるので、その間激しい運動や

風呂に入るのは避けていれば

何も問題ないですよ。

担当の医師からも麻酔の説明を

必ず受けると思うのでそこの説明も

聞き逃さないようにしていれば

まず大丈夫です。

不安や疑問があるなら医師に

質問すると良いでしょう。

■ まとめ:基本的に歯科で使う麻酔は安全

私が実際に抜歯をしてくれた

担当医も言っていたことですが

歯科で行う麻酔は局所麻酔のため

意識を失うことがなく部分的に

少し使う程度なら何も問題ないです。

副作用は確かにありますが

個人差も大きく、一時的なものが

殆どなのでそれほど心配する

必要はないでしょう。

ただ、もし過去に麻酔によって何らかの

トラブルを経験したことのある方は

予めその旨を医師に伝えることを

忘れないように気をつけましょう。

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加