矯正だけでなく歯の健康を

守るためにも頻繁に使われる

マウスピース。

 

マウスピースは非常に便利な物ですが

口の中に含む以上、しっかり手入れを

行わないと汚れが溜まっていきます。

 

汚れがたまるとカビが生えるなど

衛生的に良くない状態となるので

その手入れも非常に重要です。

 

今回は、このマウスピースの

手入れの方法や管理方法

について解説していきます。

スポンサーリンク

■ マウスピースのお手入れ

マウスピースの手入れ方法は

そのメーカーごとに若干異なる

ことはありますが、基本的には

歯ブラシを使ってマウスピースの

汚れを落としていきます。

 

磨く際は力を入れすぎないよう

磨いてマウスピースが

変形するのを防ぎましょう。

 

また、熱湯など熱を加えると

変形することもあるので

洗うときはぬるま湯ぐらいが

ちょうど良いです。

 

ちなみに、歯ブラシでなくとも

小さいスポンジでも大丈夫です。

 

1つ気をつけたいのは

歯磨き粉を使って磨いてしまうと

研磨剤によってマウスピースを

傷つけてしまう恐れ

あるということです。

 

傷ついた部分には菌が繁殖する

可能性が高いので歯磨き粉で

マウスピースを磨くのは避けましょう。

 

液体歯磨き粉(デンタルリンス)

なら研磨剤が含まれていないので

マウスピースを磨くなら

こちらを使うと良いでしょう。

【間違えてない?】デンタルリンスの効果と正しい使い方とは?

スポンサーリンク

■ 専用の洗浄剤を使う

歯ブラシで磨くだけでは

汚れや細菌を完全に除去することは

難しいのでその場合は洗浄液

使い殺菌しましょう。

 

少し大きめのオケの中に

洗浄液を入れて洗うことで

高い洗浄効果が期待できます。

 

マウスピースによっては

専用の洗浄液もあるようなので

もし洗浄液が付属しているなら

そちらを使いましょう。

 

poridnt

市販のものなら入れ歯の

手入れにも使われるポリデント

などでも良いそうです。

 

また、食器用の洗剤でも大丈夫とも

言われている様ですが、口に入れる物

なのでできるだけ専用の洗浄液を

使うことをオススメします。

 

どちらにしても洗浄液を使う場合は

洗浄後の水洗いを徹底しましょう。

洗浄液がついたままだと口の中が

炎症を起こす危険があります。

 

■ 保管方法も要注意

専用のケースに入れ保管することは

もちろん重要なことですが

収納する前に水分はしっかりと

拭き取ってから収納しましょう。

 

水分がついた状態でケースに入れると

カビが生えることがあるので

収納前は必ず水分を拭き取るか

乾燥させるのを忘れずに。

 

極端な話、完全に乾いていない

中途半端な状態のマウスピースを

使うのは、口の中に大量の雑菌を

入れるのと同じことになります。汗

保管方法にも十分気をつけましょう。

 

■ まとめ:汚れがひどい・変形した場合は買い替えを

基本的に使用後は水で洗い

(できれば汚れを落とし)

自然乾燥させてからケースに

収納するようにしましょう。

 

日々のお手入れを徹底して

綺麗にしていればマウスピースも

長く使っていけます。

 

万が一、変形した場合や

汚れが落ちないなどという

状態になってしまったら

買い替えると良いでしょう。

 

マウスピースは口の中に入れる

物なので常に清潔なマウスピースを

使うよう心がけましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク