ふと鏡を見たら目が赤くなっていた!

なんて、経験をしたことが

あるでしょうか。

 

目が充血していると見た目も

気になりますし、なにゆえ不安に

なりますよね。

 

私自身も目が充血することは

よくあるので他人事ではないです。

 

今回は、この目が充血してしまう

原因やその治し方について

解説していきます。

スポンサーリンク

■ 充血の種類

実は一口に目の充血と言っても

  • 結膜充血
  • 毛様充血

の2種類に分けられています。

 

簡単に説明すると

結膜充血は目の白い部分が赤く

充血してしまうことで

毛様充血は目の中央部の黒目の周り

赤く充血してしまうことです。

 

一般的に、毛様充血の方が結膜充血に

比べて病気の重症度が高い

言われています。

 

【ただの充血ではない】毛様充血とは?結膜充血とは何が違う?

毛様充血の方は上記リンク先に

書いたので、ここでは目の白い

部分にできる結膜充血の原因について

掘り下げていきます。

 

■ 目が充血する原因

■ 目の疲れ、眼精疲労

目の疲労は充血を引き起こす原因の

中でも、恐らく最も大きな原因です。

 

目の充血は白目の表面部分の血管が

拡張し、浮かび上がることで

発生します。

 

特に、テレビやパソコン、スマホや

ゲームなどで目を続けて使用していると

それに対応するために目に多くの栄養を

送り込もうとして血管が

拡張してしまいます。

 

■ 目のこすりすぎ

目をこすることは日常的にも

ついやってしまいがちですが

目をこすると目の表面に

小さな傷ができてしまいます。

 

この小さな傷口から雑菌が入ることで

感染症を引き起こし目が赤くなる

こともあります。

 

また、感染症が悪化すると

ウイルス性結膜炎などの

結膜炎の病気になることもあるので

目をこすることは極力避けたいです。

 

■ ドライアイになっている

涙は、目に入った異物を洗い流したり

殺菌作用のある働きがあります。

 

目を守るためには非常に重要な要素で

目が乾燥することは、目の表面が

傷つきやすくなり、充血する

危険性も高まります。

 

特に、コンタクトレンズを使用している

場合は、角膜感染症を引き起こすことも

あるので、長期間コンタクトレンズを

使用することは控えましょう。

スポンサーリンク

■ 目の充血の治し方や予防法

目の充血自体は病気ではなく

自己防御反応とも言われているので

基本的には目を休めることが

重要となります。

 

■ 目を休める時間を作る

日常的にスマホやパソコンなどを

使うことは、思った以上に

目にも負担がかかっています。

 

長時間、画面を見続けるのではなく

定期的に、画面から目を離して

休める時間を作ることが重要です。

 

理想的なのは1時間ごとに10~15分の

小休止を取るのが良いとされています。

 

なかなか意識しないと難しいですが

目に疲労を溜め込まないよう

少しずつでも良いので

取り入れたいところです。

 

また、遠くの緑を見るということも

疲労回復には効果的なので

休憩の時などに外の景色を見ると

良いでしょう。

 

■ 蒸しタオルなどで目の周囲を温める

蒸しタオルで目の周囲を温めると

血行が良くなり、目の疲労回復には

高い効果があると言われています。

 

特に、疲れが溜まってくる

夕方以降で行うのが効果的です。

 

時間があるようなら蒸しタオルを

作って、目の周囲を温めましょう。

 

■ 目のマッサージをする

komekami

主に、こめかみの部分が目の充血に

効果のあるツボと言われています。

 

megasir

また、目頭の部分は目の疲れに

よく効きます。

 

比較的、時間がなくてもできるので

作業の合間に行うと良いでしょう。

 

できれば一日に数回、5秒程を

目安にマッサージをすると良です。

 

力を入れすぎないように

気をつけましょう。

 

■ まとめ:長引くようなら早めに眼科へ

一般的に、目の白い部分が充血する

原因は、目の疲れや渇きから

来ることが多いです。

 

日常的にデスクワークなどで

目を常に使い続けているような方は

目を休める時間を取り入れて

疲れを溜め込まないようにしたいです。

 

ただ、目の充血や症状の程度は個人差も

大きいので、頻繁に目が充血する場合や

長い間、目が充血している場合には

一度、眼科で診察を受けることを

オススメします。

【ただの充血ではない】毛様充血とは?結膜充血とは何が違う?

こちらも参考にして頂ければ

幸いです。

スポンサーリンク