矯正をすることのメリットには

どのようなことがあるのか

皆さんは考えたことはあるでしょうか。

 

確かに歯並びが綺麗になり

見た目が良くなるというメリットも

ありますが、見た目の変化以外にも

矯正のメリットは沢山あります。

 

今回は、そんな歯科矯正をする

メリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

■矯正のメリットはこれだ!

■ 歯並びが綺麗=虫歯・歯周病になりにくい

歯並びがキレイになると

歯ブラシがすべての歯に行き渡り

磨き残しも少なくなります。

 

歯並びが悪い状態だと歯ブラシが

届きづらい位置にある歯は磨くことが

難しく、虫歯になりやすいです。

 

また、歯の表面を磨くことだけでなく

歯茎との隙間(歯周ポケット)も

磨けない状態の場合、歯周病にも

繋がります。

 

例え、その歯を治療したとしても

磨きづらい位置にあることには

変わらないので、再度虫歯や

歯周病になる可能性もあります。

 

何度も虫歯や歯周病に悩まされるなら

早めに矯正をして、磨きやすい

歯並びにしておく方が長期的に

見れば良いです。

 

■ 正しい噛み合わせになる

歯科矯正はただ歯並びを

綺麗に治したら終わりではなく

噛み合わせについても

必ず治していきます。

 

噛み合わせが悪いと物を噛む

回数が減り、消化器官への

負担が大きくなります。

 

矯正によって正しい噛み合わせで

物を噛めるようになるので

結果として食べ物の消化吸収も

負担が軽くなります。

 

また、正しい嚙み合わせによって

歯の一部分に負荷がかかるのを

防ぐことができるので、あごへの

負担も軽減できます。

 

スポンサーリンク

■ 口呼吸が改善される

歯並びの悪い方で、出っ歯の方は

無意識になると口が閉じきらず、

口が空いた状態で口呼吸をしてしまう

ことはないでしょうか。

 

ちなみに、私も矯正前はかなりの

出っ歯だったので、寝ているときは

無意識に口が開いていました。

(家族にその写真を撮られたときに

初めて気づきましたね。汗)

 

口呼吸が多いと、ホコリや塵も

直接、喉に入ってくるので、

風邪を引きやすくなったり、

のどを痛めやすくなります。

 

若い間は風邪をひいても、それほど

問題ありませんが、年を取ってくると

1回風邪を引くだけでも体に大きな

負担となります。

 

矯正をすることで口も閉じやすくなり

結果として、無意識的な口呼吸も

防ぐことができます。

極端な話、呼吸器関係の病気に

かかりづらくなるとも言えますね。

 

■ はっきりと正しい発音ができる

歯並びが悪いと場合によっては

一部の言葉を発する時に

発音が難しいことがあります。

(私も滑舌はかなり悪かったです。)

 

特に、将来言葉の発音が重要視される

アナウンサーといった職業に就きたいと

考えている方にとっては、正しく

はっきりとした発音は重要ですよね。

 

矯正によって歯の隙間をなくし、

歯と歯の位置を調整するので

正しい発音でしゃべることができます。

 

■ 精神的な苦痛・コンプレックスからの開放

歯並びが綺麗になり見た目も

良くなると、自分の歯並びに対して

悩んだり、コンプレックスを

抱くこともなくなり、気持ち的にも

前向きになれます。

 

良くある例として歯並びが悪いと

歯を見せて笑うことができないという

悩みを抱えている方が多いそうです。

(私もかなり嫌だったです。)

 

先ほどの滑舌の悪さに関しても同様に

人によっては大きなコンプレックスの

1つであるかもしれません。

 

矯正によって歯並び綺麗にできれば

笑うことに何も心配することなく

心から笑うことができるので

精神的、心理的に良い影響

与えることにも繋がります。

 

■ まとめ:長期的に見ればメリットは非常に大きい!!

以上、簡単にメリットをまとめて

紹介しましたがどうでしょうか。

 

確かに、歯科矯正はお金もかかり

ワイヤー装置による痛みや、食事の苦労、

数年かかる矯正期間など、矯正が

全て完了するまでの道のりは険しく

慣れるまでは負担も大きいです。

 

しかし、その苦労を乗り越えて

最後まで矯正を続けることができれば

健康な歯、綺麗な歯並びだけでなく

心身共にあらゆる面での問題が

改善されるはずです。

 

将来ずっとガタガタの歯並びに

悩まされ続ける続けるより、

2、3年の間、苦労して綺麗で健康的な

歯並びを手に入れた方が

人生という長い期間で見れば

そのメリットは非常に大きいですよ!

(あくまでも個人的な考えですが)

 

歯は一生付きまとう物なので

一度真剣に自分の体について

向き合ってみてはどうでしょうか。

以上、参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク