子供の頃は視力が高かったのに

気がついたらメガネやコンタクトが

欠かせなくなっていたという

ことはないでしょうか。

 

現代社会はとにかく目を酷使する

機械が非常に多くなったので

若い人でも急激に視力が悪くなる

ということも珍しくありません。

 

私自身もデスクワークを始めたり

スマホを持つようになった頃から

視力が急激に悪くなりました。

 

今回は、そんな視力がどうして

低下してしまうのかその原因や

予防法について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 視力が低下する原因

■ 近くの見すぎ

恐らく視力が低下する

最も一般的な原因でしょう。

 

勉強や読書。ゲームやスマホ。

デスクワークなど、ほとんどが近くの

ものを見ることですよね。

 

近くを見るためには

毛様体という筋肉を緊張させて

水晶体を厚くすることで

ピントを合わせようとします。

 

しかし、長時間近くのものを

見ていると、この毛様体の筋肉が

常に緊張した状態になり

元に戻らなくなってしまいます。

 

そのような状態が何度も

繰り返されることで筋肉が固くなり

視力が低下してしまいます。

 

近くを見続ける習慣が

当たり前のようになってしまうと

「気がついたときには視力が

急激に低下していた」なんて

ことにもなりかねません。

 

■ 明暗の変化によるもの

目は暗いところと明るいところでは

目の虹彩筋という筋肉が自動的に

明暗の調節をしてくれます。

 

しかしながら、パソコンの画面が

明るいのに、部屋が暗いというような

明暗の差が大きい状況では

目は常に明暗の調整を行う必要があり

非常に疲れやすくなります。

 

「テレビを見るときは部屋を

明るくして見る」というよくある

テロップも、目が無駄な労力を

使わないようにするためにあるのです。

 

■ ストレス

実はストレスも視力低下を

引き起こす原因となります。

 

目は眼球だけがモノを見ている

わけではなく、眼球で見たモノの

刺激が脳まで伝わって初めてモノを

見ているのだと認識します。

 

そのため、ストレスによって

脳の自律神経が乱れてしまえば

視力にも影響が出てきます。

 

よく大きなショックを受けたとき

「目の前が真っ暗になる」という

比喩表現がありますが、これがまさに

ストレスによる影響とも言えます。

 

また、ストレスを受けると血行が

悪くなることもあり、そうなると目に

十分な血液が行き届かなくなって

視力低下を引き起こすこともあります。

スポンサーリンク

■ 遺伝によるもの

こちらも視力低下の原因として

よく言われていることですが

実際に親が近視である場合は

その子供が近視になる確率は

90%以上とも言われています。

 

ただ、近くを見ることが非常に多い

現代において、必ずしも遺伝だけに

原因があるとは考えにくいです。

 

あくまでも自分は近視になりやすい

体質と思っておけば良いです。

 

逆に、自分は近視になりやすい

体質だから目を使いすぎないように

気をつけようと、意識することが

できるメリットもあるでしょう。

 

■ 視力低下の予防方法

視力の低下を防ぐためには

適度に目を休めること

最も重要となってきます。

 

また、目を使う際の周囲の環境

目に負担がかからないように

揃えることも大切です。

 

主な方法は以下の通りです。

  • 1時間に1回、10分程の小休止を入れる
  • ときおり遠くを見て緊張をほぐす
  • 目のこめかみや目頭をマッサージする
  • 蒸しタオルなどで目の周囲を温める
  • 画面と部屋の明るさを合わせる
  • 規則正しい食生活を心がける

などがあります。

 

毛様体筋の緊張をほぐして

目に負担をかけすぎないように

意識しましょう。

 

■ まとめ

日常的に、目は常に働き続けており

ましては現代社会において近くを

見る機会は非常に多くなったので

目には大きな負担がかかっています。

 

日頃から目を使いすぎないように

小休止を挟んだり、目のマッサージを

するなど長時間目を使う際は

対策を忘れずに行いましょう。

 

もし目の疲れがいつまでたっても

取れないような場合には一度眼科へ

行くことをオススメします。

 

【目が乾いて痛い!】ドライアイとは何か?治し方や予防法は?

目の疲労はドライアイとも

関係があるので、こちらも

参考になると思います。

スポンサーリンク