二日酔いになった時にお酒を飲むことで

その酔いを紛らわす「迎え酒」

 

迎え酒の習慣自体は江戸時代からある

古くからの風習であり、現代でも

よく迎え酒が二日酔いに効くという

意見は多々あります。

 

しかしながら、迎え酒は二日酔いに

効果があるように見えて、医学的な

根拠はなく、体に大きな負担をかける

非常に危険な行為とされています。

 

今回は、その迎え酒とはどういう

仕組みで二日酔いに効くのか、

また迎え酒によってもたらされる

体への影響について解説していきます。

スポンサーリンク

迎え酒と二日酔いの関係とは

迎え酒は体に良くない!?

stopkinsibatu

迎え酒とは、二日酔いを治すために

お酒を飲むことであり、二日酔いに

効果があるということで古くから

言い伝えられています。

 

しかし、ここには大きな落とし穴があり

迎え酒はあくまでも酒好きの人、

酒に強い人にのみに当てはまる俗説に

過ぎないということです。

 

そもそも、二日酔いの不快感が

出ている時は、今まさに肝臓が体内の

アルコールを分解している時です。

 

そこに、迎え酒としてお酒を飲み

体内のアルコール濃度が増えてしまうと

肝臓にさらに負担をかけてしまい

肝臓のアルコール分解処理が

追い付かなくなってしまいます。

 

では、なぜ二日酔いが治ったような

気分になるのかというと、単純に

アルコールによって感覚が

麻痺することで、二日酔いの症状を

感じなくさせているだけなのです。

スポンサーリンク

迎え酒では根本的な原因の解決にはならない!

biruarukorunomimono

アルコールの飲み過ぎや二日酔いの

症状は、迎え酒としてアルコールを

飲むことでは治ることはありません。

 

単純にアルコールによって感覚が

麻痺しているだけであり、根本的な

原因であるアルコール濃度は逆に

高めてしまいます。

 

ただでさえ、アルコールの分解で

肝臓に負担がかかっているところに

さらにアルコールを追加する行為なので

体には大きな悪影響をもたらすことは

間違いないです。

 

迎え酒でアルコールを飲んでしまうと

確かに一時的には症状が治ったように

思えますが、その効果が切れた時には

強い不快感に襲われ再び迎え酒をする

といった悪循環に陥ってしまいます。

 

また、この悪循環を繰り返していると

体内に常にアルコールがある状態と

なるので、自分の気づかない間に

アルコール依存症を引き起こす

恐れもあります。

 

一度、アルコール依存症になると治療は

困難であり、その治療には大きな苦痛を

伴い精神的にも非常に辛いです。

そのため、迎え酒は絶対に

控えるべきことなのです。

 

二日酔いを改善する正しい方法とは

suibunhokyumizu1

アルコールの分解には体内の水分が

使われるので、二日酔い対処法としては

水分補給が基本的な対処法となります。

 

水を飲むことで失われた水分を

取り戻せば、アルコールの分解を

少しでも助けることができます。

 

また、できればスポーツドリンクなど

水分の吸収性に優れた飲み物を

摂取すると効果的です。

 

【即効性抜群!】二日酔いにオススメの飲み物・食べ物はこれ!

詳しくはこの記事にまとめたので

参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:迎え酒は絶対に控えるべき!

このように迎え酒は一時的に脳を

麻痺させることで、二日酔いの症状を

無理矢理抑え込んでいる状態です。

 

感覚で二日酔いが治ったように

思えても、体内のアルコール濃度は

高い状態であるために、肝臓には

大きな負担をかけてしまいます。

 

何度も迎え酒を繰り返していると

知らない間にアルコール依存症を

引き起こす危険もあります。

 

迎え酒を控え、正しい方法で

二日酔いに対処しましょう。

 

もし、迎え酒がやめられない

状況にあるのであれば、こちらの

二日酔い解消に効果抜群のサプリ

の利用をオススメします。

 

スポンサーリンク