【夏バテの原因はこの3つ!】室内外との温度差も重要!

daruinatubate

夏バテになってしまう原因は

  • 温度差による自律神経の乱れ
  • 水分・塩分・ミネラル不足
  • 熱帯夜による睡眠不足

の3つです。

夏の季節、「なんとなく体がだるくて

やる気が起きない」といった夏バテが

起こるのも、この自律神経の乱れや

水分・塩分不足、寝不足が原因と

なっているかもしれません。

今回は、その夏バテの原因について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

夏バテの原因はこれ!

室内外の温度差による自律神経の乱れ

eakonjiritusin

夏バテの一番の原因は、室内外の

温度差が開きすぎることによって

体のバランスを維持している自律神経の

働きが乱れてしまうことにあります。

エアコンの効いた部屋から、蒸し暑い

外に出るといった行為を繰り返し行うと

その激しい温度変化に自律神経が

追いつくことができません。

特に近年は、異常気象が当たり前

言った感じであり、冷房が効かない

屋外は猛暑ということも多々あります。

そのような猛暑日は、室内外との

温度差も非常に大きいですよね。

冷房の効いた部屋で、長時間

過ごした後、外に出た場合、

身体は突然の暑さにさらされるため

自律神経が混乱してしまいます。

要するに、冷房の効いた部屋と

暑い屋外を何度も行き来すると

自律神経が振り回されてしまうので

夏バテになってしまうのです。

特に、冷房の温度には

気を付けたいところです。

温度の低い部屋に長時間いると

寒さで血流が悪くなるので、頭痛を

引き起こしたり、栄養がしっかりと

行き届かなくなって疲れやすくなる

ことがあります。

特に、外気との温度差が5度以上あると

自律神経が乱れやすくなるので

冷房での冷やしすぎは避けるよう

その温度も意識すると良いですね。

冷房病という病気もあります。

スポンサーリンク

発汗による水分不足やミネラル不足

natubatesuibun

夏場は何もしていなくても

汗をかき知らないうちに水分が

どんどんと蒸発していきます。

また、汗には水分だけでなく

塩分やミネラルといったものも

含まれており、それらも一緒に

体外に出て行ってしまいます。

水分不足やこれら塩分等が不足すると

血流の流れが悪くなるだけでなく

疲労もたまりやすくなり、内臓や

胃腸の働きも低下してしまいます。

内臓の働きが低下した場合、

食欲が低下します。

恐らく一度、夏バテしたことがある

人なら、その時のだるい気分が

分かると思います。

私も夏場はしょっちゅう夏バテしますが

そんな時にとんかつや揚げ物といった

脂っこいものを目にすると

逆に気持ち悪くなりますね・・・。汗

まさにその状態が夏バテです。

ましてや食欲がないと、体力維持のため

栄養素を取り入れることが

できなくなるので、さらに夏バテが

悪化する恐れもあります。

そして、胃腸の働きが低下した場合

下痢になりやすい状態になります。

特に、夏場は冷たいものを飲む

機会も多く、そのような冷たい

飲み物は、逆に弱った胃腸には

大きな負担がかかります。

水分や塩分、ミネラルが不足すると

これら内臓・胃腸といった身体の

様々なところに影響が出てくるので

水分・塩分補給もこまめに行うことが

重要ですね。

ちなみに、夏バテで食欲がないという

場合には、サプリメントで栄養を

補うこともできます。サプリは

夏バテ対策には効果的ですよ!

栄養補給にオススメのサプリメントはこの3つ!

熱帯夜による睡眠不足

nettaiya

熱帯夜の時って、とにかく暑苦しくて

眠れないですよね。笑

冷房を付けていれば問題ないですが

寒いから、寝るときには冷房を

消して寝るという人もいるでしょう。

暑苦しくて眠れずに睡眠不足になると

体力を十分に回復できないので

夏バテにつながります。

また、暑くて眠れないからといって

冷房の効いた状態で寝てしまうと

前述した冷房の効きすぎ

自律神経を乱すことになります。

冷房のタイマー機能などを使って

途中で冷房を自動的に切ったり

寝るときは冷房の温度を上げるなどの

工夫して、快適な睡眠と自律神経との

バランスを考慮すると良いです。

まとめ:夏場は想像以上に体力を消耗している

このように夏バテは、自律神経の乱れ

水分・塩分補給、寝不足による

体力低下の3つが最も大きな原因です。

夏場はなにかと体力を消耗しやすい

時期なので、極力身体に負担を

かけないよう注意したいですね。

夏バテを防ぐためにも、その原因も

しっかりと踏まえた上で、辛い猛暑を

乗り越えていきましょう。

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加