眠れない時の対処法はこう!無理に寝ようとする必要はない!

hoterubedosuiminneru-1

寝ようとしてもなかなか寝付けず

イライラしてしまう・・・

夜に寝たくても寝れないことは

誰もが一度は経験したことがあるかと

思います。

かといって、眠らないと次の日に

支障が出てしまうので、何としても

眠りにつかなくてはなりません。

今回は、そのような寝付けない時の

対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

なかなか寝れない理由とは

寝れないのは脳が緊張しているから

denikisigekinouinazuma

まず、なかなか寝付けない原因として

脳が興奮(緊張)状態にあることが

挙げられます。

脳を興奮させ、眠りを妨げる

原因としては

  • 明かりや騒音など寝る環境が良くない
  • 強い不安や悩みを抱えている
  • 次の日に重要な予定があって緊張している
  • コーヒーや栄養ドリンクでカフェインを摂った
  • 寝る前にタバコを吸った
  • 寝る前までスマホをいじっていた

といったことが関係しています。

人間が睡眠状態に移行するためには

脳が休まった状態である必要があり

上記のような行為で脳が興奮した

状態になるとなかなか寝付くことが

できません。

よく、次の日が大事なイベントだったり

重要な予定がある時は寝れないという

経験はあなたもあるかと思います。

そのように脳が無意識に緊張して

活動状態にあると、寝たくても

寝ることができないのです。

そのため、夜にぐっすりと寝るためには

脳を休めるためにリラックスした状態を

作る必要があります。

スポンサーリンク

ぐっすり寝るための対処法はこれ!

寝付けない夜にぐっすりと眠るため

今すぐできることとしては

  • 部屋を真っ暗な状態にする
  • ストレッチをする
  • パソコンやスマホの画面を消す
  • 無理に寝ようとしない

この4つが重要と言えます。

部屋を真っ暗にする

sisitudenkisuittiakari

眠りにつくためには周囲の環境は

真っ暗な状態にした方が良いです。

これは脳の刺激と関係しており

明るい光を浴びてしまうと脳が

興奮してしまい眠りを妨げるます。

人間の体は太陽が上がり、明るい時は

目が覚め活動的になり、太陽が沈み

暗くなると自然と眠りに付くという

自然の原理が働いています。

そのため、睡眠に理想的な光の状態は

明かりを全て消した真っ暗状態です。

小さい明かりでも脳を刺激する

可能性があるので、できる限り

部屋の環境は真っ暗な状態に

近づけるようにしましょう。

ストレッチをする

ストレッチは体をリラックスさせる

方法の1つであり、寝付けない夜には

打ってつけの方法と言えます。

快眠ストレッチの方法はいくつも

ありますが、短時間かつお手軽にできる

方法が以下に動画にまとめられてます。

動画は3分弱ほどですが、慣れれば

30秒程度で終わるストレッチなので、

眠れない時には、このストレッチを

参考に素早く体をリラックスさせると

効果的です。

スマホの画面を消す

sumahokeitaigamen

もし、あなたが今まさに寝付けず

スマホでこの記事を見ているのであれば

この記事を見終わった後はすぐに

スマホの画面を消しましょう。

先ほど書いた部屋を暗くするという

こととも関係しており、寝る前に

スマホの画面を見ていると脳が

興奮して寝つきが悪くなります。

特に、スマホの画面は目から

近いところで見るために、強い光の

刺激を受けやすく、睡眠の質を

大きく低下させる原因となります。

早くに寝たいときには光を避け

スマホの画面も見ないように

気を付けましょう。

無理に寝ようとしない

最後は意識的な問題ですが

「早く眠りたい」という気持ちで

心が焦ってしまうと脳も落ち着かず

眠れなくなる恐れがあります。

次の日のこともあるので、一刻も早く

寝たい気持ちはあるかと思いますが

そこはあえて「眠れなくて当たり前」

と考えてしまった方が気持ち的にも

楽になるかもしれません。

どんなに快眠のための対処法を行っても

眠れない時はあります。

個人的な経験談となってしまいますが

「眠れなくて当たり前」と考えた方が

変に焦るよりもリラックスできるので

結果として早くに寝れる可能性が

高まります。

無理に寝ようと焦るのではなく

心を落ち着かせ、寝れないことへの

プレッシャーやいらだちを少しでも

小さくすることも重要ですよ。

まとめ:無理に寝ようとするのは逆効果!

夜に寝付けない原因は脳が

興奮した状態にあるためであり

無理に寝ようと思っていると逆に

脳の活動を活発にしてしまい

逆に眠りを妨げてしまいます。

また、どうしても寝れないという

場合にはあえて、寝れなくて

当たり前と割り切って考えると気持ちが

楽になるので、他の対処法と共に

意識も変えてみると良いですね。

無理に寝ようとするのではなく

何も考えず、リラックスできる環境を

作って寝るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加