似ているようで症状が異なる

風邪とインフルエンザ。

皆さんは違いをご存知でしょうか。

 

インフルエンザの方が症状が

重たいのはなんとなくは想像が

つくと思いますが、実際はこの2つの

違いもはっきりとしています。

 

今回は、この風邪とインフルエンザの

違いについて解説していきます。

■ インフルエンザとは

インフルエンザとはインフルエンザ

ウイルスという細菌によって

引き起こされる感染症のことです。

 

日本の場合、主に11~12月頃から

流行し始め、1月~3月頃がピーク

となる感染症です。

 

風邪とは大きく違うのは

インフルエンザは季節性の感染症であり

1年を通じて発症する風邪と違い

冬場に多いということです。

 

インフルエンザにはA・B・Cの

3種類の型があり、一般的に

私たちに感染して苦しめるのは

AとB型と言われています。

 

本来、一度ウイルスに感染したら

そのウイルスに対する抗体ができますが

インフルエンザウイルスの場合は

毎年ウイルスの構造が微妙に

変化するので何度もインフルエンザに

なってしまう可能性もあります。

 

ただ、風邪のウイルスも200種以上

あると言われているので風邪と

同じく1回なったら大丈夫という

訳ではないです。

 

また、インフルエンザは強い感染力を

持っており、感染した人がくしゃみや

咳をすると広範囲に拡散されて

周囲の人に移すリスクも高いです。

 

それゆえに、一気に流行りだして

学校なら学級閉鎖などの大きな

事態にまで進行しやすいのです。

■ インフルエンザの症状

インフルエンザの症状は基本的に

風邪よりも症状が重いことが多く

実際にインフルエンザになったことの

ある方なら体感的にもその違いが

わかると思います。

 

そのインフルエンザの症状は

  • 38度以上の高熱がでる
  • 全身に寒気があり震える
  • 筋肉や関節が痛くなる

という症状が特徴的です。

 

私自身もインフルエンザになったことが

ありますが、特に全身の冷えに関しては

非常によく覚えています。

 

布団の中でしっかりと体を温めている

にもかかわらず、不思議なことに

強い寒気を感じて震えてしまうのです。

 

また、寝返りを打つ時にも筋肉や

関節が痛くてなかなか上手くいかない

こともありました、

 

インフルエンザは全身の様々な部分に

影響が出るのが風邪との違いです。

(風邪は主に呼吸器に症状が出ます。)

 

■ インフルエンザの治療法

インフルエンザは風邪同様に

ある程度ゆっくり休んでいれば

自然に治ると言われていますが

正直、インフルエンザの症状は

かなり辛く、自然に治るのを

待ってはいられないです。

 

インフルエンザの場合には

薬による早期治療が重要です。

 

インフルエンザは症状が出てくるのが

非常に早いことも特徴であり

急に高熱がでることもあるので

インフルエンザの様な症状が出たら

早めに病院へ行きインフルエンザ用の

薬を処方してもらいましょう。

 

特に、60歳以上の高齢者の方が

インフルエンザにかかってしまうと

最悪命にかかわるこもあるので

十分に気をつけたいところです。

 

また、小さいお子さんの場合でも

症状が長引くと合併症や重症化する

こともあるので早期治療は

非常に重要です。

 

薬は、錠剤の薬やカプセル状の薬

吸引タイプの薬があるので、医師の

診断の上で処方してもらいましょう。

 

ちなみに、私がインフルエンザに

なったときは「リレンザ」という

吸引タイプの薬を使いました。

(むせないか心配でしたが薬の粉末は

非常に細かいため、何の違和感もなく

吸引できます。)

 

■ まとめ

風邪と似ているインフルエンザですが

違いをまとめると

  • インフルエンザは季節性(特に冬)
  • 発熱は38度以上の高熱
  • 全身が冷えたり、関節部が痛む
  • 症状が急に現れる

という点が風邪とは大きく違います。

 

インフルエンザは早期治療

症状の悪化を防ぐことに繋がるので

インフルエンザが疑われる場合は

早めに病院へ行きましょう。

参考になれば幸いです。