肉離れは発生した直後から強い痛みに

襲われるため、「RICE処置」を用いて

迅速に対処することが重要となります。

 

RICE処置というのは

  • Rest(安静)
  • Ice(アイシング・患部を冷やす)
  • Compression(圧迫・固定)
  • Elevation(高挙・心臓より高く挙げること)

の4つで成り立っており、身体にケガを

負った際に取るべき応急処置の法則です。

 

今回は、そんな肉離れした時の

応急処置について解説していきます。

肉離れの応急処置

安静にして患部を冷やす

肉離れが起こった時には、すぐに痛みを

伴わない楽な姿勢をとりましょう。

下手に肉離れした部位を触ったり

ストレッチをするのは控えてください。

 

肉離れを起こした後、無理に筋肉を

動かしてしまうと症状が悪化する

恐れがあるので、まずは運動を中止し

安静にすることが重要です。

 

安静を確保したら、肉離れによる腫れを

抑えるために患部冷やしましょう。

冷やすことは根本的な治療ではなく

一時的に内出血や痛みを抑えるためです。

 

氷で冷やすのが望ましいですが、近くに

氷がない場合には、濡れタオルなどでも

良いので、できる限り患部を冷やして

痛みを和らげることが重要です。

 

また、氷を当てる際はタオル等で

氷を巻いてから当てるようにして、

凍傷にならないよう気をつけましょう。

 

患部を圧迫・固定する

肉離れが起こった部分をテーピング等で

固定することで、痛みを和らげることが

できます。

 

ただし、強く圧迫すると強い痛みが出たり

血流が悪くなる恐れあるので、無理に

圧迫・固定する必要はありません。

 

固定したからと言って肉離れが早くに

治るというわけでもないので、今の姿勢が

楽であれば、無理に患部を固定せず

その状態を維持しましょう。

 

患部を高く挙げる

肉離れを起こした患部を心臓の位置よりも

高くに挙げることで、腫れや痛みを

和らげることができます。

痛みがある程度治まるまでは患部を

高く挙げておきましょう。

 

全く動けない場合には救急車の要請を

軽度の肉離れの場合、適切に安静・冷却を

行うことで、ある程度自力で動けるまでに

回復しますが、自力では動けない重症の

肉離れの場合は、応急処置を行っても

身動きが取れないこともあります。

 

肉離れぐらいで救急車を呼ぶのは

大袈裟だというイメージもありますが

 

一般の大人でも患者を担架で運ぶことは

容易ではないため、全く動けない状態なら

救急車を要請した方が良いです。

 

特に、手術が必要な重度の肉離れの場合は

早めの治療が重要となってくるので、

普通の肉離れではないと感じた場合には

ためらわずに救急車を呼びましょう。

 

まとめ:あくまで応急処置は痛みを和らげるだけ

このように肉離れが発生した際には

早急にRICE処置による応急処置を

行うのが望ましいですが、あくまでも

応急処置なので、肉離れそのものを治す

治療ではありません。

 

そのため、応急処置が終わったら

症状の程度に関わらず、整形外科を

受診して診察を受けましょう。

 

特に、肉離れは素人がぱっと見ただけでは

筋肉の状態までは分からないので、

症状が悪化する前に、一度整形外科で

診てもらった方が良いです。

 

突然の肉離れでも慌てず、落ち着いて

対処するようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。