爪の表面がめくれてしまい

2枚に見えてしまう二枚爪。

 

二枚爪の原因には爪切りのやり方を

間違えたり、洗剤などによって

爪が乾燥してしまうことにあります。

 

今回は、この二枚爪の応急処置や

具体的な予防法を紹介していきます。

 

【二重爪とは違う】二枚爪とは何か?その原因や対策とは?

二枚爪の原因ついてはこちらを参考に

 

■ 二枚爪の治し方

■ 応急処置について

二枚爪となり、めくれてた爪が

引っかかったりするような場合には

その部分は爪切りなどで

慎重に切り取りましょう。

 

爪切りで処置できない場合は

爪やすりで調節すると良いです。

 

剥がれかけた爪を放置していると

思わぬケガに繋がることもあります。

 

ただ、特にめくれておらず

引っかかるような心配がない

二枚爪の場合には無理に

切り取らない方が良いです。

 

下手に切りとってしまうと

爪の根元部分までめくれることが

あるので気をつけましょう。

 

特に、手で無理やりめくることは

絶対に避けたいところです。

余計な部分までめくってしまったり

細菌が入る危険もあります。

■ 予防・対策について

二枚爪になる原因の多くは

  • 爪切りの際に無理やり爪を切る
  • 爪が乾燥している
  • 爪の栄養不足
  • 血流の流れが悪い

の4パターンが多いです。

 

これらの原因を防ぐことが対策となります。

 

  • 爪の切り方について

爪を切る際に勢いよく爪を

切ってしまうと二枚爪になる

ことがあります。

 

力を入れすぎずに小さく慎重に

切ることは二枚爪対策には

非常に重要です。

 

また、爪やすりは爪への

負担が小さいので、切りにくい場合は

爪やすりを上手く活用しましょう。

 

  • 爪の乾燥を防ぐ

爪の乾燥を防ぐにはハンドクリームや

キューティクルオイル塗ることで

乾燥を防ぎ、保湿効果をもたらします。

 

手先の乾燥が気になるようなら

早めに塗って対策をしましょう。

 

ちなみに、除光液やマニキュアなどは

爪が乾燥している時に使うと

爪がさらに乾燥したり、色素が沈着して

黄ばむこともあるので、二枚爪に

なっている時にこれらを使うのは

避けましょう。

 

また、水仕事を頻繁に行う方は

作業中はゴム手袋をつけて

爪から水分や油分が流れ出ていくのを

防ぎましょう。

 

  • 必要な栄養素を十分に摂取する

十分に栄養を摂取していれば

爪が乾燥することも防ぐことができ

二枚爪以外にも様々な爪のトラブルの

予防に繋がります。

 

爪の健康に重要とされる主な栄養素は

  • タンパク質
    (肉類や魚類、乳製品等)
  • 鉄分
    (レバーやひじき等)
  • カルシウム
    (乳製品や大豆等)
  • 亜鉛
    (カキやチーズ、納豆等)
  • ビタミン群
    (野菜や果物等)

とされています。

 

普段から食生活が乱れていると

どうしても摂取する栄養も偏るので

たまにはこれらの食品をバランスよく

取るよう意識してみましょう。

 

サプリメントを使って不足しがちな

栄養素を補うというのもアリですね。

 

根本的に爪を強くすることも

二枚爪予防には非常に効果的です。

 

  • 血行を良くする

爪が生えている指先は特に

血液の流れが悪くなりやすい

部分でもあります。

 

血行が悪くなると爪に栄養が

十分に行き届かなくなるので

血行を良くすることも

二枚爪対策として重要なことです。

 

血行を簡単に良くする方法は

グーパーを繰り返し動かす運動です。

 

手を大きく開いて、その後少し強めに

手を握る、一連の動作を20回程

繰り返すことで簡単に冷えの

予防ができます。

 

足も一緒に行うと良いでしょう。

 

即効性に優れているので

手先の冷えを感じたら時に

使うと効果的です。

 

■ まとめ:爪を乾燥させない、冷やさない

以上、二枚爪の予防について

紹介してみましたがどうでしょうか。

 

これらの対策は二枚爪だけでなく

爪の健康維持に非常に重要なこと

でもあるので、覚えておいて

損することはないでしょう。

 

二枚爪はこれらの原因が重なることで

発生しやすくなるので、日常生活の

中でも対策できるところから

爪の健康にも気を使いましょう。

 

参考になれば幸いです。

爪が乾燥する3つの原因とは?