爪が二枚重なっているような

状態になる、二枚爪。

 

見た目や名称的に二重爪と

似ているため違いがないように

思えますが、実はその原因に大きな

違いがあります。

 

今回は、二枚爪の方の原因や

治療法について解説していきます!

■ 二枚爪の特徴

二枚爪の場合は元々1枚の爪であり

その一枚の爪の表面部分が

薄く剥がれることで二枚に

なってしまうのが特徴です。

 

実は、一枚の爪は表面から

背爪、中爪、腹爪の3層から

成り立っています。

 

二枚爪はこの爪の表面にある

背爪が何らかの原因によって

剥がれてしまうことで発生します。

 

似た言葉の二重爪の方は

爪そのものが二重に重なっている

状態のことを指します。

【足によく見られる】二重爪とは何か?その原因や治療法とは?

 

極端に言うと、爪の表面が

剥がれて2枚に見えるのが二枚爪

爪の下にもう一枚爪が生えているのが

二重爪という感じです。

■ 二枚爪の原因

  • 爪切りの外的な衝撃など

爪を切る際に広範囲を一気に

切ろうとすると爪に大きな

負担がかかります。

 

そのような負担がかかった状態で

勢い良く切ってしまうと、その衝撃で

爪の3層の隙間から空気が入り

二枚爪となります。

 

私自身も爪を勢いよく切り

爪が白っぽくめくれてしまう

ような経験は何度もありました。

 

誰にでも起こりやすいので

爪を切る際は一度に大きく切らず

細かく慎重に切りましょう。

【足の爪は要注意】爪の正しい切り方とは?爪切りのコツを解説!

(こちらも参考に)

 

他にも運動の際に爪に強い衝撃が

加わると二枚爪になることも

あるので、運動する前には爪は

必ず切っておきましょう。

 

また、やたらに爪をいじったり

噛んだりすることも爪の

背爪を傷つけるため二枚爪になる

原因となるので気をつけましょう。

 

  • 爪の乾燥

爪は本来一定の水分があり

そのおかげで柔軟性を持っています。

 

しかし、空気の乾燥や洗剤などの

影響で爪表面の潤いが失われ乾燥すると

この柔軟性がなくなるので

爪がはがれやすくなります。

 

また、爪がはがれるだけでなく

割れたり欠けるなどの様々な

弊害が生じてきます。

【爪が乾燥するとどうなる?】爪が乾燥する3つの原因とは?

 

爪は外部からの刺激に

非常に敏感なので乾燥には

十分に気をつけましょう。

 

  • 血行が悪い又は栄養不足

内的な要因も二枚爪に関係しています。

 

冷え性などで血流が悪くなると

十分に血液が行き届かなくなり

爪は栄養不足になります。

 

栄養不足になると爪の潤いが失われ

爪の表面が乾燥するので二枚爪に

なりやすくなります。

 

特に、女性の方の二枚爪の

原因としては冷え性や栄養不足が

多いと言われています。

 

また、ダイエットなどで

過度な食事制限などをしていると

栄養不足により二枚爪になることも

あるそうです。

 

体を冷やしすぎないよう注意し

食事も爪の栄養となるタンパク質や

ビタミン、ミネラルなどを

積極的に取り入れましょう。

 

ちなみに、血液の流れが悪くなる

原因として糖尿病もあります。

【爪も生きている】爪が壊死してしまうその3つの原因とは?

 

悪化すると爪が壊死してしまう

こともあるので糖尿病の方も

十分に気をつけたいです。

 

■ まとめ:乾燥を防ぐのが重要

数ある原因の中でも

爪が乾燥することは他の様々な

悪影響をもたらす危険があります。

 

正しい食生活による栄養の摂取

爪の保湿ケア、乾燥対策を行い

爪の健康にも気をつけましょう。

 

爪切りの際も時間がないからと

言って、一気に切るようなことは

極力避けたいところです。

 

剥がれる範囲が広かったり

深く剥がれてしまった場合は

下手にいじらず早めに皮膚科へ行って

治療を受けることをオススメします。

 

以上、参考になれば幸いです。

【応急処置も重要】二枚爪の予防に重要な4つの対策とは?