アルコールが含まれていないお酒や

発泡酒のことをノンアルコールと言い

ノンアルコール飲料はアルコールが

含まれていないので、誰が飲んでも

酔うことはありません。

 

しかし、「それなら未成年者でも

飲んでも大丈夫のか?」という疑問を

あなたは感じたことでしょう。

 

実際、未成年者がノンアルコールを

飲んでも害はありませんが

一概に良いとは言い切れないのも

事実です。

 

今回は、そのノンアルコール飲料を

未成年者でも飲んでも良いのかどうか

その疑問を解説していきます。

ノンアルコール飲料は未成年が飲んでも良いのか?

ノンアルコールなので飲んでも問題はない

 

ノンアルコール飲料はアルコールが

完全にゼロなので、例え、未成年者が

飲んだとしても体に害を

与えることはありません。

 

商品の種別でもノンアルコール飲料は

清涼飲料水や炭酸飲料といった

部類であるために、法律上、

未成年者がノンアルコール飲料を

飲んでも問題にはなりません。

 

ただ、ノンアルコール飲料には

2つの種類があり、

  • アルコールが完全に含まないもの
  • アルコール1%未満の飲料

という2つの種類があり

ものによってはほんの少しだけ

アルコールが含まれているものが

あります。

 

日本でのアルコール飲料の定義は

酒税の関係で、アルコール含有量が

1%以上のものをアルコール飲料

定義しており、1%未満であれば

例えアルコールが含まれていても

ノンアルコール飲料となります。

 

ただ、アルコール含有量が

0.05%以下のものであれば

全くないに等しいので商品に

「ALC 0.00%」と記載することが

できる決まりとなっています。

 

0.05%以下というのは果実等の

天然果汁に含まれる程度の量なので

「ALC 0.00%」と記載があるものは

誰が飲んでもアルコールによる影響を

受けることはないです。

 

ただ、実際に酔ってはいないけれども

周りの雰囲気が良い場合には

ノンアルコール飲料で場酔いする

可能性はあります。

未成年者は控えた方が良い理由

上記の通りに「ALC 0.00%」と

記載されているものであれば

アルコールは含まれていないので

例え未成年者が飲んだとしても

アルコールで体に害を与えることは

一切ありません。

 

しかしながら、いくら法律上、

禁止されていないからといって

未成年者にノンアルコール飲料を

勧めるのが良いという訳では

ありません。

 

その理由としては、ノンアルコールを

飲んだことにより、本物のビールや

お酒に興味を持ってしまい、それが

きっかけで未成年者の飲酒に繋がる

恐れが少なからずあるからです。

 

メーカー側もその危険性を伝えており、

どのノンアルコール飲料のラベルにも

「これは20歳以上の人が飲むことを

想定して開発されてたもの」といった

注意書きが必ず書かれています。

 

未成年者が飲酒を行うと体に

様々な悪影響をもたらすので

その飲酒を誘発する危険性のある

ノンアルコール飲料も極力

飲まないようにするのが無難です。

 

特に、未成年者が飲酒を行うと

脳細胞への負担が大きく、脳の発達を

妨げたり、依存症の危険が高まるので

未成年の飲酒は非常に危険です。

アルコール依存症になる原因はこれ!生活環境も関係していた!

 

飲んでも問題はないけれども

そのような未成年者の飲酒に繋がる

危険性が少なからずあるということは

しっかりと理解しておくことが

重要です。

 

まとめ:法律上飲んでも問題ないが控えるのが無難

このようにノンアルコール飲料は

アルコールは含まれていないので

未成年者がノンアルコール飲料を

飲んだところで酔っぱらったり、

体に深刻な害をもたらすといった

ことはありません。

 

ただ、ノンアルコール飲料を

飲むことで飲酒を誘発させる恐れが

少なからずあるので、一般的には

例えノンアルコールであっても

未成年者に勧めることは控えた方が

良いといった感じです。

 

あくまでもその人のモラルの問題なので

一概には悪いとは言いきれませんが、

間接的な影響があるということを

よく理解した上で、飲むなら

自己責任で飲むようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。