あなたは日ごろ自分の尿の状態を

確認しているでしょうか。

 

体の健康状態を知るためには

尿の色も重要ですが、尿が泡立つか

泡立たないか、その状態を

確認することも非常に重要です。

 

尿が泡立つことは基本的には

病気でないことが殆どですが

一部、病気が原因で尿が泡立っている

可能性もあります。

 

今回は、尿が泡立ってしまう

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

尿が泡立つ原因はこれ!

尿が濃縮されている

nyounousyukukiro

尿が濃縮された場合、排尿時に

泡立つことがあります。

 

尿が濃縮されることは自体は

病気ではなく、自然に起こりうる

現象なので問題ではありません。

 

尿が濃くなる原因としては

  • 長時間トイレを我慢していた
  • 朝起きた直後
  • 運動した直後
  • 水分不足

といったことが関係しています。

 

この尿の場合には、排尿直後は

泡立ちますが、しばらくすると

泡が消えていくのが特徴です。

 

毎回ではなく、一時的に

泡が発生する場合には、単純に

尿が濃くなっていただけの

可能性が高いです。

 

蛋白(たんぱく)尿になっている

satoutounyoubyou

蛋白尿とは、尿にタンパク質が

含まれている状態のことを言います。

 

本来、タンパク質は腎臓で

ろ過されるため、一定以上の

タンパク質が混じることはありません。

 

しかし、タンパク質を取り過ぎた際や

病気によって腎臓の機能が

低下していると、タンパク質が

正常にろ過されずに、尿として

一緒に排出されてしまいます。

 

また、激しい運動や疲労の蓄積等で

腎臓の機能が一時的に低下して

蛋白尿となったり、タンパク質の

取り過ぎといったことで一時的に

蛋白尿になることもあります。

 

ただ、ネフローゼ症候群という

体内のタンパク質が減少する病気が

原因で発生することもあります。

 

状況を問わず、尿のたびに泡が発生し

なかなか泡が消えない、また泡が

ビールのようにきめ細かな泡の

場合には、病気が原因となっている

可能性があります。

 

慢性的に蛋白尿の症状が見られるなら

早めに、内科または泌尿器科を

受診しましょう。

スポンサーリンク

糖尿病が原因

satoutounyoubyou

糖尿病になると、尿にタンパク質が

含まれるため蛋白尿となり、

排尿時に泡立つことがあります。

 

ただ、糖尿病の場合には

尿が泡立つこと以外にも

尿が甘酸っぱい感じで臭うのも

特徴です。

 

尿が泡立って、なおかつニオイも

臭いといった場合には、糖尿病の

初期症状を引き起こしている可能性が

あります。

糖尿病とはこういう病気!

 

尿にニオイを伴う段階であれば

まだ初期症状なので、食生活を

改善すれば尿の臭いも治まります。

 

ただ、ある程度症状が進行してしまうと

既に腎臓の機能が低下しているため、

医療機関での治療が必要になります。

 

尿が臭い場合には、生活習慣や

食生活を見直して、糖尿病予防も

同時に行うことが重要です。

 

まとめ:何日も続くようなら一度病院へ

尿が泡立つこと自体は特に問題では

ありませんが、泡がずっと残ったり、

何日も続けて泡立つのであれば

病気が原因で泡が発生している

可能性が少なからず考えられます。

 

心配な方は、何日か続けて尿の状態を

チェックしてみて、それでも泡が

目立ったり、排尿後も泡が消えない

場合には、一度医療機関で検査を

受けた方が良いでしょう。

 

もし気になる症状が見られたら

一度、早めに内科か泌尿器科

(ひにょうきか)を受診することを

オススメします。

早期に異常を発見して、症状が

悪化するのを防ぎましょう。

スポンサーリンク