【乳糖不耐症の原因はこれ!】赤ちゃんに限らず大人も発症する!

mirukugyunyunomimono

「牛乳を飲んだら下痢になった!」

そのような経験をしたことが

ないでしょうか。

乳製品を摂った後、腹痛や下痢を

引き起こしやすいという人は

もしかしたら乳糖不耐症という病気を

患っている可能性があります。

今回は、この乳糖不耐症の

原因について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

乳糖不耐症の原因とは

乳糖不耐症とは、乳糖という物質を

分解する力が十分に備わっていないが

ために、乳糖を摂取するとお腹を

壊したり、下痢を引き起こす病気です。

乳糖というのは牛乳やチーズ、

ヨーグルトなど乳製品に多く

含まれており、とりわけ牛乳には

多くの乳糖が含まれているため

症状が現れやすいです。

乳糖を分解するためにはラクターゼと

呼ばれる物質が必要であり、何らかの

原因でこの物質の分泌量が少ないと

乳糖を分解することができません。

乳糖が正常に分解されず、大腸まで

行くと腸内細菌によって発酵が進み、

炭酸ガスや脂肪酸、水が作られ腸に

負担をかけます。

その結果として、お腹が痛くなったり、

下痢を引き起こしてしまうのです。

発達性・先天性・後天性の3つの種類がある

発達性乳糖不耐症

akatyanakanbouneru

発達性乳糖不耐症は早産で生まれてきた

赤ちゃんに多く見られます。

早産で生まれてきた赤ちゃんには

消化管が未成熟であり、分解酵素である

ラクターゼを作ることができない

状態にあります。

ラクターゼを作ることができないが

故に乳糖不耐症を引き起こし、

母乳やミルクやを飲むことができない

といった症状が現れます。

ただ、成長に伴いラクターゼの

生成ができるようになるので、

症状は次第に治っていきます。

スポンサーリンク

先天性乳糖不耐症

idensidna

先天性の乳糖不耐症は生まれつき

ラクターゼを作り出すことができない

状態のことを言います。

原因は遺伝であり、親が乳糖不耐症の

場合には、その子へ遺伝することがあり

乳糖不耐症を発症します。

生まれつきラクターゼを作れない

状態であることは、乳糖不耐症の中では

極稀なケースです。

後天性乳糖不耐症

hukutuuboukouensutoresu (3)

後天性乳糖不耐症は、小腸に

何らかの病気が発生することにより

ラクターゼの分泌量が低下することで

発生する乳糖不耐症です。

ラクターゼの分泌に影響を及ぼす

主な病気は

  • ウイルスなどによる胃腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病

といった腸の病気が原因で

引き起こされます。

また、病気以外にも手術によって

消化器官を治療した経験があったり、

抗生物質の作用によって乳糖不耐症が

発生することがあります。

先天性と異なるのは、分解酵素である

ラクターゼの生成を妨げている病気や

ウイルスといった原因を排除できれば

症状が改善するのが特徴です。

また、他の原因としては加齢によって

ラクターゼの分泌量そのものが減ったり

食生活の変化で牛乳などの乳糖を含む

乳製品の摂取量が少なく、ラクターゼを

作る機会が少ないことも乳糖不耐症と

関係していると言われています。

特に、普段から牛乳を飲まないという

人の場合には、日常的にラクターゼが

働く機会が少ないので、急に牛乳を

がぶ飲みしたり、乳製品を食べ過ぎると

お腹を壊してしまう可能性があります。

そのため、成人になってから、

乳糖不耐症を引き起こした場合には

後天性の乳糖不耐症であることが

殆どです。

まとめ:牛乳など乳製品でお腹を壊す人は要注意!

このように乳糖不耐症は、ラクターゼの

分泌量が十分に作られないために、

正常に乳糖を分解することができない

状態のことを言います。

一般的に赤ちゃんに多く見られる病気と

思われがちですが、実際には大人も

後天的に発症することがあるので

油断はできません。

もし、牛乳を飲んだ後にお腹を壊したり

下痢になるようであれば、乳糖不耐症を

疑いましょう。

乳糖不耐症の治療法についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加