皆さんは普段どのぐらいの

頻度でお酒を飲んでいるでしょうか。

 

飲み過ぎはもちろんNGですが

適量を守ってお酒を飲むことは

体にも良いとよく言われますよね。

 

今回は、この飲酒のメリット等に

ついて解説していきます。

スポンサーリンク

■ お酒が与える良い効果

【飲み過ぎは危険】 酒を飲むことの4つのデメリットとは?

一般的にお酒を大量に飲むことは

体に悪いと言われていますが

実際は適量を守って飲めばお酒は

体に良い影響を与えます。

 

アルコールの良い効果を上げると

  • 動脈硬化の予防
  • ストレスの軽減
  • 血糖値の低下

などがあります。

 

お酒を飲むことの一番のメリットは

恐らくストレスを発散することに

あるでしょう。

 

しかし、意外にも少量の飲酒であるなら

血行の改善、脳梗塞、糖尿病などの

病気を発症する確率が下がると

言われています。

 

また、全体的な死亡率に関しても

少量の飲酒をしている方は

全く飲酒しない方にと比べても

死亡率が若干下がる傾向にあります。

 

ただ、少量のお酒でも肝臓や胃腸に

負担がかかり、また血流も良くなるため

肝障害や胃腸疾患、高血圧、認知症など

の病気は逆にリスクが高まります。

 

これらの疾患患っている方は

少量であってもリスクがあるので

極力お酒を飲まないようにしたいです。

スポンサーリンク

■ お酒ごとに違うメリット

一口にお酒といってもヒールや

ワインなどの飲むお酒によっても

成分が違うので効果も違います。

 

  • ビール

ビールは苦いですが、この苦味には

殺菌作用や食欲増進効果があります。

 

また、ビールには美肌効果が

あると言われており、ビタミンBや

カルジウム、ナトリウムなど

豊富なミネラル類が含まれています。

 

さらには、新陳代謝の働きを

良くする作用も含まれています。

 

ただし、飲み過ぎると肝臓に

負担をかけ利尿作用が強く出るので

気をつけましょう。

 

  • 日本酒

アルコールの度数が高いので

適量の飲酒が大前提ですが

日本酒には非常に多くの有効成分が

含まれており、お酒の中でも特に

美容効果が高いと言われています。

 

その効果から女性の方に

人気があるとも言われています。

 

  • 赤ワイン

赤ワインにはポリフェノール

多く含まれており動脈硬化に

高い効果を発揮すると言われています。

 

また、病気や老化の原因となる

酸化を防止する効果もあります。

 

ポリフェノールは熱を加えても

減ることがないので、赤ワインを

直接飲まなくても料理に使うことで

摂取することができます。

 

  • 白ワイン

白ワインには強い殺菌効果

あります。

 

そのため生物を食べる時に一緒に

飲むことで食中毒予防に非常に

高い効果を発揮します。

 

大腸癌や骨粗鬆症の予防にも

効果があると言われています。

 

■ まとめ:少量の飲酒なら良い影響はある

このように適量を守ってお酒を

飲むのなら体に良い影響を

与えることは確かです。

 

ただ、少量であっても高血圧などの

疾患を患っている方は病気が

悪化するリスクがあるので

極力飲酒はしないようにしましょう。

 

【ルールを守る】お酒を飲む時に気をつけたい4つの注意事項とは

ルールを守って上手にお酒を

活用しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク