寝る前に飲酒するのは良くない?お酒と睡眠の関係はこれだ!

osakewainaka

お酒を飲むと、アルコールの

催眠効果によって眠気が現れます。

「寝酒」という言葉があるように

その働きを活かせば、夜にお酒を飲んで

寝るという方法も考えられますよね。

しかし、お酒と睡眠は深い関係にあり

お酒の飲み方を間違えてしまうと

逆に睡眠の質を低下させる原因となる

恐れがあります。

今回は、寝る前に飲酒をすることによる

睡眠への影響について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

飲酒と睡眠の関係

飲酒直後の睡眠は浅い眠りになりやすい

nouzutuusigekisinkei

通常の眠りの周期は、浅い眠りと

深い眠りが繰り返されていますが

寝る前に大量のお酒を飲んでしまうと

アルコールを分解するため体が

活発になり、睡眠時に深い眠りを妨げ

浅い眠りが多くなります。

また、お酒を飲むことに慣れてしまい

日常的にお酒に頼っていると

同じ量を飲んでいても効き目が薄くなり

それが原因で飲酒の量が増加し、

アルコール依存になる恐れもあります。

アルコールに頼りすぎてしまうと

アルコールに対しての耐性が付き、

次第に催眠効果が弱まるので

お酒の飲みすぎと同時に、お酒を

毎日飲むことも結果的に睡眠の質を

低下させる要因となってしまいます。

そのため、寝る直前にお酒を飲む、

毎日お酒を飲んで寝る、大量にお酒を

飲むことは、極力控えるように

注意したいです。

スポンサーリンク

利尿作用が睡眠を妨げる

toirerinyousayou

アルコールは脳を活性化させる以外にも

利尿作用も含まれています。

お酒を飲むと喉がかわいてしまい

水分を補給する機会が多くなるので

必然的にトイレに行く回数も

多くなります。

寝ている時でも利尿作用によって

尿意を感じてしまい途中で目が

覚めるので、睡眠が妨げられ

睡眠の質を低下させてしまうのです。

お酒を飲むなら直前は控えるべき

osakebiruenkai

睡眠時に体内にアルコールが大量に

残っていると睡眠の質を大きく

低下させる恐れがあるので、

夜遅く寝る前にお酒を飲むのは

控えたいところです。

アルコールを飲んでも睡眠の質を

低下させない時間の目安としては

寝る前3時間前まで」とされます。

つまり、寝る前にお酒を飲むのではなく

夕食時にお酒を飲むようにして

遅くまで飲み過ぎないようにするのが

望ましいのです。

また、アルコール分解には肝臓に

負担をかけるために、週に1~2日は

お酒を控える休肝日を作りましょう。

お酒を毎日飲んでいると

生活習慣病やアルコール依存になる

リスクもあるので、アルコールを

飲むなら節度を守るようにしたいです。

まとめ:お酒に頼りすぎるのは良くない!

このようにお酒を飲んだ後に寝ることは

深い眠りが妨げられ体がゆっくりと

休まらず、次の日に疲れを残してしまう

恐れがあります。

少量の飲酒であればぐっすりと

寝ることができますが、その量が

多すぎたり、日常的に寝酒を

繰り返していると、睡眠の質を低下させ

睡眠不足になるかもしれません。

睡眠不足がもたらす悪影響はこれ!デメリットは計り知れない!

また、常習的に寝酒をしている人が

急に飲酒をやめると不眠症になる

恐れもあるので、睡眠をアルコールに

頼っているのであれば、一度不眠治療を

受けることをオススメします。

お酒を飲むことは悪いことでは

ありませんが、節度を守りつつ、

上手にお酒と向き合っていきましょう。

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加