【飲み過ぎは危険】 酒を飲むことの4つのデメリットとは?

osake

緊張感やストレスからの開放、

さらにはコミュニケーションツールなど

実に様々なメリットがあるお酒。

しかしながら、あまりにお酒を

飲みすぎてしまうと人体に

悪影響をもたらすことがあります。

今回は、そんなお酒を飲むこと

(飲みすぎてしまうこと)の

デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

■ お酒がもたらす悪影響

■ 生活習慣病やがんのリスク

お酒に含まれるアルコールは

肝臓で分解されるので過度な飲酒は

肝臓に負担をかけます。

また、アルコールは肝臓以外にも

血圧の上昇による高血圧、

食道や胃など消化器官へのダメージ等

体の様々な部分に影響を与えます。

さらには、アルコールの量が増えると

脳の萎縮が起こることもあり

認知症のリスクも高まります。

頻繁に飲酒することでダメージが

蓄積されると消化器系や循環器系の

ガン、糖尿病、脂肪肝など様々な

病気を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク

■ 身体能力の低下

アルコールは脳の機能を麻痺させるので

体を動かすことが遅れるなど

身体的な能力面でも通常より

低下しています。

また、気分が良くなり興奮状態に

なるので冷静な判断ができない

集中力が低下した状態でもあります。

特に、お酒を飲んで気が大きく

なり過ぎたり、記憶が無くなってしまう

ような方は、取り返しのつかない

事態を引き起こす危険があります。

飲酒運転が危険なのはもちろんのこと

あまりに意識がもうろうとしていると

駅のホームなどでの転落事故等に

巻き込まる可能性もあります。

また、人によっては体の関節

部分が痛くなることもあるそうです。

■ 睡眠の質の低下

少量の飲酒なら程良く鎮静や催眠の

作用をもたらすので良いのですが

過度な飲酒は睡眠の質を低下させる

ことがあります。

寝た直後は深い眠りになりますが

その後しばらくすると浅い眠りが

続いてしまうので夜中に目が

覚めやすくなります。

また、アルコールの作用の中に

利尿作用もあるので、お酒を

大量に飲んで寝てしまうと

夜中にトイレへ行くために

目が覚めることも多いそうです。

途中で目が覚めてしまうと

睡眠が分断されてしまうので

眠りの質は低下してしまいます。

■ 依存と中毒の危険がある

お酒にはアルコールが含まれていますが

このアルコールには依存性があります。

お酒を飲むと一時的に

気分が良くなり、精神的な

快楽をもたらします。

特に、普段からストレスを

溜め込んでいる人がお酒によって

ストレスが開放されてしまうと

その反動が強く出てしまいます。

そのため、お酒がストレス解消の

ツールとなってしまい、次第に

酒に依存する恐れがあります。

特に、女性の方はアルコールの

処理能力が低く、依存症に

なりやすいそうです。

また、一気飲みなどによって

身体の処理能力以上のアルコールを

摂取することで急性アルコール中毒を

引き起こすリスクもあります。

お酒が弱い方は無理に

飲み過ぎないようにしましょう。

このアルコールの処理能力には

個人差があるので、あらかじめ

自分はお酒に強いのかどうかを

知っておくことが重要です。

■ まとめ:適量を守り、過度な飲酒は控えるべき

このように過度な飲酒は

健康面で見ると様々な悪影響を

もたらします。

大量にお酒を飲む、休肝日なしに

ほぼ毎日、お酒を飲んでいる方は

特に気を付けましょう。

大事に至ってからでは取り返しの

つかないこともありますので・・・。

自分の体質をしっかりと理解して

節度を守った飲酒を心がけましょう。

じゃあ、お酒のメリットって何?

以上、参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加