お年寄りの風邪は肺炎にも繋がる!高齢者の風邪は要注意!

kazewohiku (2)

高齢になると基礎体力が低下するので

どうしても風邪を引きやすかったり

治りが遅くなります。

風邪は上気道が炎症を引き起こすことで

発生しますが、その上気道に近い

気管支や肺に病原菌が移ることで

気管支炎や肺炎など重症化する

危険もあるため、油断はできません。

今回は、このお年寄りの風邪の

特徴について解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

高齢者の風邪の特徴

高齢者の風邪は重症化しやすい!

kazewohiku (1)

高齢者の風邪は若い頃と比べて、

抵抗力が低下しているので、治りが

遅いだけでなく、重症化して肺炎

気管支炎になる恐れがあります。

以前、私の祖母と兄がほぼ同時に

風邪を引いたことがありました。

その時も、若い兄は2~3日ほどで

ほぼ完治しましたが、祖母の方は、

やはり風邪の治りが遅く、最終的に

1週間ほどぐったりしていました。

高齢になると、どうしても免疫力が低く

なってしまうので、ちょっとした

風邪でも長引いたり、重症化する

危険性が高いです。

また、風邪が悪化して、強い咳や

タンが混じると気道がふさがり

呼吸困難になる恐れもあります。

そのため、高齢者の場合はちょっと

風邪っぽい感じがした段階で、

早くに病院へ行き、診察・処方箋を

受けることが重要です。

特に、風邪ではなく、

インフルエンザだった場合には

高齢者にとって命に関わりかねない

危険な病気なので、風邪っぽい

症状が出た場合は、できる限り

早くに病院へ行く必要があります。

インフルエンザの初期症状はこれ!

肺炎や気管支炎の特徴はこれ!

風邪は治ったつもりでも、咳が出たり

喉の痛みなど、別の症状が続く場合、

肺炎や気管支炎などの合併症を

引き起こしている可能性があります。

肺炎の特徴

hainoirsuto

肺炎とは、肺に病原菌が入ってしまい

感染することで発症します。

本来ならば、鼻から喉の間にある

上気道という部分で大半の病原菌は

取り除かれますが、風邪を引くと、

この上気道の働きが低下するため

肺に直接、病原菌が入りやすい状態に

なってしまいます。

肺炎の特徴は、激しく強い咳が

出ることが多く、胸の痛みや

高熱が出る、息苦しくなるといった

症状が出るのが特徴です。

また、痰の色が黄緑っぽくなり

風邪薬を飲んでも咳やタンが

悪化することも肺炎の特徴です。

肺炎は、日本人の死亡原因の中でも

上位に入る病気であり、風邪の

合併症として発症する可能性あるので

油断せず、咳や胸の痛みが続くなら

早めに病院へ行きましょう。

気管支炎の特徴

nodonoirasut

気管支炎とは、喉と肺の間の

気管支の部分に病原菌が感染して

炎症が起こる病気です。

症状の特徴としては、咳とタンが

出るだけでなく、あごや背中に

痛みを伴ったり、全身的な筋肉痛や

関節痛を伴うのが特徴です。

気管支は肺炎と違って、透明や

黄色っぽいタンが出てきます。

ただ、どちらにしても放置していると

さらに重症化する危険があるので

咳やタンが長引くようであれば

早めに病院へ行くのが確実です。

まとめ:気になる異変が出たら早めに病院へ!

高齢者は体力が低下しているので

どうしても風邪を引きやすく、

風邪の治りが遅いことがあります。

特に、風邪が治ったと思ったら

肺炎や気管支といった合併症を

引き起していることもあるので

完全に治るまでは油断できません。

風邪を引かないよう予防することに

越したことはありませんが、

高齢者の風邪は重症化しやすいので

少しでも風邪っぽい症状が見られたら

できる限り早めに、病院へ行くことを

オススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加