歯で一番最後、約18歳前後に

生えそろう親知らず。

 

歯科で診察を受けた方の中には

親知らずの抜歯を勧められた方も

居られるのではないのでしょうか。

 

親知らずは一番奥の大きな歯なのに

何故抜く必要があるのでしょうか。

 

今回は、この親知らずを抜いた方が

良い理由について見ていきましょう。

スポンサーリンク

■ 虫歯・歯周病になりやすいから

親知らずを抜歯することに

最も多いであろう理由。

 

親知らずは一番最後に生えてくる

歯ですが、現代人の顎は小さいので

生えてくるスペースが足りず

そもそもまっすぐ生えて

来れないことが多いです。

 

そのため横に傾いたり、完全に

生えることなく、歯茎に埋まった

状態の親知らずもありえます。

 

まっすぐ生えていない親知らずは

通常よりも歯ブラシが

行き届きにくく磨き残しが

多くなりがちです。

 

そのため、虫歯になりやすかったり

歯周病になる危険高いです。

 

横向きだったり傾いていたりする場合は

他の歯に悪影響を与える前に

早めに対処するという理由で

親知らずの抜歯を行います。

 

■ 歯並びや他の歯に悪影響を与えている場合

上記に書いたまっすぐ生えていない

親知らずの場合、傾き方によっては

手前の歯に力が掛かってしまい

痛みが発生することもあります。

 

また、真っ直ぐ生えている

親知らずでも顎が小さいと

親知らずが入るスペースがないため

歯並びが崩れてしまう原因

繋がることもあります。

 

私の場合も、親知らずは

真っ直ぐ生えてきましたが

無理に親知らずが生えてきたせいで

上の歯並びが崩れ、出っ歯に

なってしまいました。

 

親知らずが生えてきて

すぐの時に抜歯をしておけば

後々の歯並びが崩れることを

防ぐこともできます。

 

親知らずによる他の歯への

悪影響をなくすために

抜歯するというのが理由ですね。

 

■ 口臭を抑えるため

これは上記2つの理由に比べると

この理由だけで親知らずを

抜歯するという訳ではありませんが

親知らずが生えてきたせいで

口臭が発生することもあります。

 

特に、真っ直ぐに生えていない場合、

歯と歯の間に汚れが溜まりやすく

それが口臭の原因に繋がります。

 

親知らずに食べ物が挟まることが

多い方は要注意です。

 

親知らずが原因で口臭が

発生しているようなら

抜歯をすると思います。

 

■ まとめ:中途半端な生え方をしているなら抜歯をした方が良い

真っ直ぐに生えていない

親知らずの場合には

歯ブラシで汚れを落とすことが

難しく虫歯や歯周病、口臭などの

原因となります。

 

中途半端に生えているような

親知らずは悪影響が出る前に

抜歯をすることをオススメします。

 

真っ直ぐに生えている親知らずでも

歯並びに影響している、

または痛みがあるようなら

抜歯をする方が良いでしょう。

 

真っ直ぐ生えていて

歯並び、噛み合わせも問題ない、

歯磨きも問題なく行える場合は

無理に抜歯する必要はありません。

 

ただ、それほど綺麗に親知らずが

生えている方はかなり珍しいので

やはり親知らずの抜歯をした方が

良い場合が多いです。

 

自分の親知らずが気になる方は

実際に、歯科病院に行って

自分の親知らずは抜いた方が良いかを

相談することをオススメしますね。

親知らずの抜き方とは?

スポンサーリンク