パニック障害になるきっかけや原因はこれ!ストレスが全ての元凶

sutresupanikusyougai

動機や息切れ、強い不安感情などが

突然やってくるパニック発作。

これらの発作は誰にでも起こりうる

症状ではあるものの、この発作が

何度も繰り返されると、「また発作が

起きるのではないか」という恐怖心から

日常生活にも支障が出てしまいます。

特に、パニック障害はこれといった

明確な原因がない精神疾患なので

考えられる原因も多いです。

今回は、このパニック障害の原因や

きっかけについて解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

パニック障害の原因やきっかけ

強いストレスを受けること

sutoresunayami

パニック発作を引き起こす原因として

まず考えられるのはストレスです。

慢性的に強いストレスを受けていると

次第に精神的にも追い詰められ

常に緊張や不安感にさらされます。

多少のストレスは体に良い影響を

与えますが、その許容範囲を超えた

ストレスを受けてしまうと脳の神経にも

悪影響を与え、それが発作となって

現れてきます。

ただ、単にストレスと言っても

ストレスを受ける機会は数多く

様々な原因が考えられます。

例えば

  • 仕事や人間関係の悩み
  • 持病やケガによるストレス
  • 家族や知人の死
  • 天災による不慮の事態

といったことが考えられます。

特に、現代社会はストレス社会であり

日常の様々なところで、ストレスを

受けています。

ストレスコントロールができないと

ストレスが蓄積され、それが限界に

達した時にパニック発作を

引き起こしてしまうのです。

また、同じストレスが原因の病気として

自律神経失調症がありますが

自律神経失調症の場合は不安感や

恐怖心などの精神症状なく、頭痛や

肩こり、めまいといった身体症状

発生します。

自律神経失調症についてはこちら!

過去のトラウマや虐待等の辛い経験

gyakutaisutoresu

過去にひどく怖い経験をしたり

虐待などによって心身ともに

強いトラウマを負っている場合

何らかの形でその時の恐怖心が

よみがえり、パニック発作が

起こってしまうこともあります。

特に、幼少期のころに虐待を

受けていると、無意識のうちに

常に緊張状態となっているため、

大人になっても、ちょっとしたことが

きっかけとなりパニック発作を

引き起こす危険があります。

また、親による厳しいしつけや

親に対する不満を伝えられないといった

環境で育ってしまうと内向的な思考に

なりやすくなるため、発作に繋がる

原因となります。

逆に、親の行き過ぎた過保護の環境で

育った場合も、親に不満を言えずに

ストレスが溜まるため、パニック発作が

起こりやすくなると言われています。

スポンサーリンク

元々の性格や遺伝性によるもの

idensijyouhou

元も、不安を感じやすい性格だったり

心配性の方もパニック発作を

引き起こす間接的な原因として

考えられています。

単純に性格だけが原因となって

パニック発作を引き起こすことは

少ないですが、心配性だったり

頻繁に不安を感じていると、脳の神経は

常に緊張させるため、ちょっとした

ストレスがきっかけとなって

発作に繋がる可能性があります。

性格は直接的な原因ではありませんが

全く関係ないとも言えないといった

感じですね。

また、両親や家族にパニック障害を

患っている人がいる場合には、

遺伝的にパニック障害になりやすい

傾向にあるという報告も出ています。

喫煙によるもの

tabakokinensutoresu

パニック障害を引き起こす

もう一つの原因として、喫煙が

考えられます。

タバコを吸うと一時的に気分が

良くなりますが、それはタバコに

含まれているニコチンが脳の神経に

作用しているからです。

しかし、ニコチンには依存性があり

ニコチンがないとイライラしたり

不安を感じるといった弊害も

伴います。

そのため、日常的に喫煙をしている人は

ニコチンが切れたときに強い不安や

ストレスを受けて、パニック発作を

引き起こす恐れがあります。

ニコチンによる身体への悪影響とは?

まとめ:生活に支障が出るなら早めに医療機関へ!

このようにパニック障害の原因は

ストレスやその人の性格や体験など

複数の要素が重なることで発症する

精神疾患です。

もし、病院に行ってもこれといった

症状の原因が分からなかった、

あるいは日常生活に支障が出るほど

パニック障害の状態が重いのであれば

精神疾患を専門にしている心療内科や

精神科、精神神経科といった診療科を

受診することをオススメします。

パニック障害のは薬を飲めばすぐに

治療できるような病気ではないので

早めに医療機関を受診することが

重要となります。

次回はパニック障害の治療方法について解説したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加