【巻き爪とは微妙に違う】陥入爪の原因やその治療方法とは?

爪が皮膚に食い込んでしまい

炎症を引き起こす、陥入爪

皮膚に食い込んでいるため強い痛みを

伴うこともある厄介な爪のトラブルで

特に巻き爪になるとこの陥入爪にも

なりやすくなるとも言われています。

今回は、この陥入爪(かんにゅうそう)

について解説していきます。

スポンサーリンク

■ 陥入爪とは

陥入爪とは爪の側面(角)が

皮膚に食い込んでしまった状態

ことを指します。

主に、足の親指の爪が陥入爪に

なりやすい部分です。

よく巻き爪と混同しがちですが

こちらは爪が皮膚に食い込むので

腫れや炎症だけでなく出血したり

化膿することもあります。

また、巻き爪と同時に発生する

ケースも非常に多く、早めに

病院で治療を行わないと

強い痛みを伴うこともあります。

特に、化膿してしまうと

治療が難しくなるので、巻き爪や

陥入爪となっているのに気づいたら

放って置かずに早期に治療を

受けた方が良いです。

また、食い込んでいる爪を

やたらに切るのも避けましょう。

一時的に痛みは治まりますが

深爪になったり、再度爪が

食い込み悪化する危険性が

非常に高いです。

巻き爪と陥入爪は必ず専門の医師に

治療してもらいましょう。

■ 陥入爪の原因

【歩き方も原因?】巻き爪とは何か?その原因や治療法とは?

陥入爪の原因は巻き爪の原因と

共通しているところが非常に多く

深爪や先端が狭い靴を履くことが

原因で爪が変形していきます。

また、陥入爪の場合は外傷

原因として考えられます。

足の親指をぶつけたり、スポーツ等で

負荷がかかりすぎると炎症を

引き起こし、それが原因で陥入爪に

なることもあります。

陥入爪や巻き爪は一度治療しても

根本的な原因をなくさない限り

再発することもあるので原因を

改善することは非常に重要です。

スポンサーリンク

■ 陥入爪の治療方法

爪の形や食い込みの具合は

個人差が大きいのでどれが最適かは

治療を行う医師の診断によって

変わってきます。

  • 軽度の陥入爪の場合

比較的軽度の陥入爪の場合は

患部を清潔にして軟膏を塗ったり

テーピングをして負荷が

悪化しないよう処置をします。

巻き爪のような状態なっている

場合には、ワイヤーで爪を矯正する

ことで爪の形を治す方法もあります。

ワイヤー矯正とは、ワイヤーを

爪の先端部分に通してそのワイヤーが

真っ直ぐに戻ろうとする力を

利用したものです。

  • 化膿している場合

食い込んでいる部分が化膿している

場合は、まず先に化膿を治します。

刺さっている爪を手術で

切除することで炎症を抑え

炎症が治まったらワイヤーなどで

爪の形を治していきます。

ただ、手術といっても爪全体を

全てはがすようなことは余程

悪化していない限りはまずないです。

手術を行う場合でも麻酔を

使うので患者への負担は

そこまで大きくはないです。

また、フェノール法手術という

爪を切らずに治せる治療法も

あります。

これは変形している爪の根元に

フェノールという薬品を使って

変形した部分から再度爪が生えて

来ないようにする治療法です。

治療時間も短く、健康保険が

適応されるので安価で済みます。

ただ、爪の横幅が若干短くなったり

再発することもあるので

やはり原因を改善するのが

重要となります。

■ まとめ:爪に過負荷をかけないことが一番重要

巻き爪や陥入爪は放っておくと

痛みが強くなり、あまりにひどいと

最悪爪を切除することもあるため

たかが爪だからといって

侮ることはできません。

自力で治すことは難しく

悪化のリスクも大きいので

極力早めに皮膚科か整形外科へ行き

適切な治療を受けましょう。

また、一度治療をしてもその原因が

なくならないと再発するので

爪の健康のことも忘れないように

日常生活の中でも意識して

爪の変形を防ぎましょう。

以上、参考になれば幸いです。

爪の切り方も重要です!

スポンサーリンク

アドセンス
関連記事タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加