冷房病とはこういう病気!原因はクーラーの使い方にアリ!

reiboubyou1 (4)

夏になると何かと冷房を使う機会が

増えますが、それに比例して、

冷房病になる確率も高まります。

冷房病というのは、あくまでも

俗称であり、その原因は冷房で

体が冷えて、自律神経が乱れてしまい

頭痛やだるさといった症状が

出てくる病気のことを言います。

今回は、この冷房病とは何か、

その原因や対策について

解説していきます。

スポンサーリンク

【緊急時の対処法一覧】
itaiyo 【ワイヤーが外れた!】 矯正装置が外れた時の応急処置法とは?
itai3 【急いで痛みを抑えたい!】 歯痛を和らげる3つの応急処置法とは
tumemono 【下手にいじらない】 虫歯治療の詰め物が取れた時の応急処置とは
hamigaki 【歯周病が原因!?】 歯茎から血が出る原因とその対処法とは?
asazutuitai 【朝起きると頭痛が!】寝起きの頭痛や吐き気の原因と対処法とは
kutibiru 【見た目が気になる】唇が腫れる原因やその応急処置とは?
konaien 【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?
tume01 深爪の治し方とは?悪化を防ぐために気をつけるべきこと
hukutuu01 【お腹を温めよ!】突然の腹痛や下痢の応急処置はこれだ!
jyakugj 【冷やし方も重要】やけどの応急処置法とは?水膨れはどうする?

スポンサーリンク

冷房病とはこういう病気

reiboubyou1 (3)

冷房病は正式名称ではなく

よく「クーラー病」とも

言われており、冷え性と

似ている病気です。

どのような病気かというと、

クーラーや冷房によって

体が過剰に冷やされることで、

自律神経が乱れ、それに伴い

全身のいたるところに悪影響を

もたらす病気です。

症状としては様々で

  • 手足が冷える・震える
  • 頭痛や腰痛が起こる
  • 食欲不振になる
  • 全身がだるい感じになる
  • イライラが起こる

といった、自律神経と

関係した症状が出ます。

夏バテとも症状が似ており

特に食欲不振によって、食事の量が

減ってしまうと、十分な栄養を

取ることができずに体力が落ち

夏バテに繋がる恐れもあります。

冷房病の原因

reiboubyou2

冷房病の根本的な原因は

自律神経が乱れることにあります。

夏場は室外の熱い場所と

冷房の効いた涼しい場所を

行き来する機会が多くなるので

それだけ自律神経へのストレスも

大きなものとなります。

そのため、室内外との温度差が

大きすぎたり、その空間に出入りを

繰り返していると自律神経が乱れて

冷房病になってしまうのです。

また、室内で使われている

冷房の設定温度が低すぎると

温度差が生まれる原因となります。

他にも、涼しい部屋の中で冷たい

飲み物を飲み続けることも

体が冷えてしまい、自律神経を乱す

原因となります。

ちなみに、夏バテの原因には

自律神経の乱れも含まれているので

知らずに放置しておくと危険です。

スポンサーリンク

冷房病の対策・治療法

reiboubyou1 (2)

冷房病を予防するためには

冷房の設定温度を適切な温度に

設定することが重要です。

設定温度として適切なのは

27度~29度ほどであり、

それよりも低い温度にすると

室内外の温度差が大きくなり

自律神経にストレスを与えます。

そして、冷房の風も直接肌に

当たらないように風向きにも

十分注意しましょう。

設定した温度の冷房だけは

暑さをしのげない場合、

設定温度を下げるのではなく、

扇風機やうちわといったもので

補うと良いです。

また、長時間冷房の効いた

部屋にいるのも良くないので、

2~3時間に1回ほどは外に出て

深呼吸をすると自律神経が乱れるのを

防ぐことができます。

reiboubyou1 (1)

もう1つ注意点として、電車に

乗る時も、できれば弱冷房車

乗るようにしましょう

意外と電車内の冷房は冷たく

長時間車内にいると負担が

大きいので要注意です。

まとめ:室内外の温度差には要注意!

このように冷房症は室内外の

温度差による自律神経へ

ストレスが原因です。

冷房を使う時には設定温度を

27度~29度に設定して、なおかつ

長時間冷房に当たらないように

注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

夏バテの原因についても合わせて参考になればと思います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加