主に虫歯治療で使われることが多い

インレーやレジンなどの詰め物。

 

詰め物は虫歯の治療後にできる穴が

再び虫歯になるのを守るために

使われますが、この詰め物は

それぞれ長所や短所が違います。

 

今回は、この詰め物の種類や

特徴について解説していきます。

■ 詰め物の種類

詰め物は一般的にインレーと

レジンの2種類があります。

 

ただ実際にインレーとレジンの

どちらを使うかは、治療後の歯の

状況次第なので自分で決めることは

基本的にはできません。

 

自由診療で後から変えることも

一応できますが、その分費用は

多くかかります。

 

■ レジン(コンポジットレジン)とは

レジンは主に小さい虫歯の治療後に

使われることが多い詰め物です。

 

また、歯が欠けた時の修復にも

使われることがあります。

 

レジンは削った跡の部分に

接着剤を塗り、その上から

コンポジットレジンというジェル状の

白い樹脂製の材料を詰めていきます。

 

特徴的なのは光を当てると

硬化するという点です。

 

レジンを詰めて特殊なライトを

しばらく照射するとレジンが

固まり穴がふさがります。

 

簡単に言ってしまえば光を当てると

固まるパテの様な物です。

 

レジンを詰め固めた直後は

表面がデコボコしているので

表面をなめらかに削ります。

 

穴を詰める、固めるなどの作業も

そこまで時間がかからないので

1日で治療が完了することが殆どです。

 

欠点は、

  • 削った・欠けた範囲が大きいと使えない
  • 変色したり、変形することがある
  • 噛み合わせが悪くなることもある

 

の3つです。

 

特に、レジンはあまり強度のある

素材ではないので、噛む力が

強すぎると割れることもあります。

 

また、レジンはパテのように

穴を埋めるので、どうしても削る前と

比べて高さが変わることもあり

噛み合わせも変化する場合があります。

 

ただ、歯医者で相談すれば

整えることもできるので

気になる場合は早めに病院で

治療を受けましょう。

■ インレー

インレーの代表的な例は銀歯です。

 

保険適応外のインレーは金歯や

セラミックインレーなどの

材料が別のものとなります。

 

レジンとの違いは強度が強いため

基本的に奥歯に使われることが多く

長期間装着しても変形したり

変色することはあまりないです。

 

逆に、前歯などの小さい歯に

使われることは殆どないそうです。

 

欠点は、

  • 保険適用のもの(銀歯)だと目立つ
  • 型を取る必要があるので時間がかかる
  • 金属アレルギーの危険も少なからずある

ことの3点です。

 

見た目に関しては奥歯に使われるので

基本的にはそこまで目立ちません。

 

心配なのは、金属アレルギーの方で

稀にアレルギー反応を引き起こすことも

あるので、過去に金属アレルギーの

症状を引き起こしたことのある方は

事前に医師に伝えておきましょう。

 

+α アマルガム

現在では殆ど使われることが

ないようですが、1980年代頃までは

このアマルガムが詰め物の

主流とされていました。

 

アマルガムは詰め物としては

非常に優秀でしたが、健康的な面で

いろいろと問題視されたので

使われなくなった詰め物です。

アマルガムとは一体何?歯にどんな影響を与えるものなの?

詳細はこちらにまとめました。

 

■ まとめ:どの詰め物が使われるかは状況次第

一般的に保険適応の治療の場合には

レジンとインレー(銀歯)が

使われることが多いです。

 

ただ、各病院ごとに主に使われる

詰め物が異なることもあるので

どうしても気になる方は

医師に相談するとよいでしょう。

 

詰め物によっても強度が異なるので

長期間つけていると、もしかしたら

詰め物が取れてしまうことも

場合によってはありえます。

 

詰め物は治療した歯を守る大事な

ものなので、詰め物が取れたり

違和感があるようなら早めに

歯科医院で治療を受けましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。

詰め物が外れてしまった時の対処法はこちら