目の角膜をレーザーで削ることで

視力を回復するレーシック手術。

 

視力回復に非常に効果があり

安全性も高い治療法ですが

合併症や後遺症などの危険性も

よく指摘されますよね。

 

今回は、このレーシック手術によって

起こりうる合併症や後遺症について

解説していきます。

■ レーシックの合併症や後遺症

■ 術後の視界のぼやけ

レーシックの手術直後は

全体的に視界がぼやけたり

近くのモノが見えにくくなる

ことがあります。

 

ただ、これは時間が経過すれば

徐々に改善されるので

特に心配する必要はないです。

 

ただ、近視の度合いによっては

視力が安定するまでは1ヶ月以上

かかることもあります。

 

■ ハロ・グレア現象が起こる

簡単に言ってしまえば

夜間の光がにじんだり

光がまぶしく見えてしまう

現象のことを言います。

 

特に、夜間に車を運転していると

この現象を感じやすくなります。

 

どうしてこの現象が起こるのかと

言うと、暗いところでは光を多く

吸収しようとして目の瞳孔が

大きくなります。

 

この時の瞳孔の大きさのことを

暗所瞳孔径(あんしょどうこうけい)

と言います。

 

レーシックによって角膜を削りますが

この暗所瞳孔径よりも小さい範囲で

削ってしまうと、光の屈折がずれるので

ハロ・グレア現象が発生します。

 

これは医師の腕や患者の瞳孔の

大きさにも左右されるので完全に

防ぐことは難しいと言われています。

 

しかし、遅くても手術後

3ヶ月から6ヶ月ほど経過すれば

自然と気にならなくなるので

そこまで問題ないそうです。

 

ただ、夜間に車を運転する機会が

多い方の場合には、レーシックを

受ける前に必ず相談しましょう。

■ 感染症を引き起こす

レーシックは角膜をレーザーで

照射する前に、目の表面を少しだけ

めくります。

 

このめくった薄膜が完全に

修復するまでの間に細菌が感染すると

感染症を引き起こすことがあります。

 

ただ、術後の注意事項を守っていれば

まず起こらないので、医師の説明を

よく聞いて、術後のケアも

正しく行いましょう。

 

■ 失明する危険はあるのか

レーシックを受ける方の多くが

心配しているであろうことですが

基本的に失明のリスクはない

言われています。

 

本来、レーシック手術は術前に

十分な相談をしたあと、適正検査を

受けて初めて治療を受けられます。

 

また、術後のケアや感染症の

対策なども非常に慎重になって

行われるため、失明のリスクを

伴う程、雑な治療法ではありません。

 

しかしながら、一部のクリニックでは

このような必要な説明や衛生管理を

省いていることもあるので

後遺症や合併症のトラブルが

発生しているのも事実です。

 

そのため、レーシックを受ける

クリニックの治療実績がどれほどか

アフターケアが万全かどうか、料金が

明確にされているかどうかなどの

クリニックの情報を事前に調べることが

非常に重要となってきます。

 

トラブルの危険性を少しでも

回避するために、まずは病院選びから

しっかりと行いましょう。

 

■ まとめ

このようにレーシック手術を

受けることによって合併症や

後遺症が出る可能性はゼロとは

言い切れません。

 

合併症や後遺症は

人によっても強く出たり

逆に全く出ないこともあります。

 

ただ、どれも医師の注意をしっかり守り

術後のケアを怠らなければ

自然と改善されることが多いです。

 

レーシックを受けるなら

正常な視力となるまでに、ある程度

時間がかかると思っていたほうが

良いと思います。

 

病院選びから慎重に考えて

後悔のないレーシック手術を

受けましょう。

【リスクが大きい?】レーシック手術のメリットとデメリットとは