歯科や口腔外科の治療法の

1つとしてレーザー治療があります。

 

レーザー治療と言えば

最先端というイメージが強いですが

実は既に身近な治療法として

様々な治療に使われる様になりました。

 

今回は、歯科でのレーザー治療

メリット・デメリットについて

解説していきます。

■ レーザー治療とは

歯科医療におけるレーザーは

数種類あり、治療内容に

適したレーザーを使います。

 

また、医療におけるレーザーは

治療する部分にのみ熱を加えるのが

特徴なので表面が火傷するという

ことは滅多にありません。

 

使われるレーザーは特殊な装置を

通って照射されるため

医師が使い方を間違えない

限りは問題ないそうです。

 

ただ、場合によっては微妙に

熱を感じることもあるので

そのときは医師に伝えましょう。

■ レーザーが使われるケースの代表例

  • 口内炎

口内炎に対してレーザー治療は

非常に効果的で尚且つ

即効性が高いです。

 

自然治癒では1週間程かかる

ことが多いですがレーザー治療なら

2~3日で口内炎を治すことが

できると言われています。

 

【誰でもできる】口内炎の予防法と素早く治す対処法とは?

 

  • 初期の虫歯治療

レーザーは歯の表面を覆っている

エナメル質を強化する効果があり

虫歯の初期状態ところにレーザーを

照射することで虫歯の進行を

抑えられ、再石灰化を促進します。

 

  • 知覚過敏

レーザーを知覚過敏の原因である

象牙質が露出している部分に

照射すると、歯の表面に薄い膜が

形成されるため神経に刺激が

伝わなくなります。

 

【誰でも簡単にできる】知覚過敏の歯を治す3つの治療法とは?

 

  • 歯周病

歯茎が腫れている部分に

レーザーを照射することで

炎症の原因となっている細菌を

減らすことができるため

腫れを改善することができます。

 

■ レーザー治療のメリット

  • 痛みが殆どない

上記にも書きましたが

レーザーはピンポイントで

照射されるため痛みは全くないか

あってもちょっと熱いぐらいで

済むことが殆どです。

 

麻酔の必要ないので体への負担が

小さく、治療時間も短時間で

終わるのもメリットですね。

 

ここはレーザー治療の最も大きな

メリットと言えるでしょう。

 

  • 強い殺菌効果

レーザーによる熱は非常に高温なので

あっという間に細菌を

消滅させることができます。

 

そのため初期虫歯や歯周病に

高い効果を発揮するのです。

 

  • 安全性が高い

レーザー治療は妊婦の方や高血圧

心臓病を患っている方でも

受けられる治療法です。

 

また、副作用についても

殆どないので安全面でも非常に

優れている治療法だと言えます。

 

■ レーザー治療のデメリット

  • 費用は自己負担の場合が殆ど

レーザーを照射する専門の装置は

高性能な分、費用も高額になるため

レーザー治療には保険が適応されません。

 

治療内容や病院によっても料金が

変わってくるので、レーザー治療を

受けようという方は事前に

医師に相談してみましょう。

高額療養費制度とは?どういう人が受けられる?

 

  • レーザー治療にも限界がある

非常に画期的なレーザー治療ですが

ある程度治療できることには

限界があります。

 

虫歯が進行している場合は

レーザーでは治せません。

 

また、歯周病になっている部分に

歯垢が溜まっている場合は

レーザーを照射しても改善は一時的で

再び再発することもあります。

 

レーザー治療は重症化した病気に

対しては有効な治療方法ではない

ことであるのもデメリットと言えます。

 

■ まとめ:画期的な治療法だが費用も高い

レーザー治療は確かに痛みも

体への負担も小さいのが特徴ですが

なんでもレーザーで治せるという

訳ではありません。

 

費用も高額になる場合もあるので

レーザー治療を望む場合は

必ず事前に医師の説明を受けましょう。

 

以上、参考になれば幸いです。